株式会社B-plusロゴ

顔のほくろやイボはとった方がいいのか?

HOME > 顔のほくろやイボはとった方がいいのか?

顔のほくろやイボはとった方がいいのか?

美容マニアのたかなし亜妖です。美容クリニックや皮膚科では顔のイボ・ほくろ取りを行っていますよね。保険適用の場合もあるため施術を考える人も多いのですが、イボやぼくろ取りは必ずしもやらなければならないものではありません。ただし取った方が良い場合もあるので、気になる方はクリニックへ相談してみましょう。

 

取った方が良いケース

ほくろは誰にでもあるもので、全てが悪いものではありません。ほくろ=癌(悪性腫瘍)のイメージが強いですが、あるもの全部がそれに該当するわけでないので安心して下さいね。ただしどんどん大きくなる(6ミリ以上~)、形が不揃い、色ムラがある時は悪性の可能性が高いので、クリニックや病院を受診してください。

また悪性ではないもののイボが唐突にできた、ほくろが年々大きくなる場合は見た目の問題もありますし、メイクやスキンケアの際に邪魔になってしまいます。「気になるな」と思った時が取り時と言えそうですね。ただし保険適用の場合と自費診療になるケースがありますので、必ず保険適用ではないことを覚えておくように!

 

どうやって取るのか?

基本的には炭酸ガスレーザーや電気メスで取り除くのが一般的です。局所麻酔を打ち、小さいものなら5分以内には終わるのであっという間に切除が完了しています。よほどサイズが大きくないのなら一回で取り切れるので、通院の必要もありません。これらの方法だと術中や術後の痛みはほぼなく、傷口が塞がるのも早いでしょう。

ただし根深い、サイズが大きい場合は切開手術で切除となります。イボやほくろは芯が残っていると再発しやすいので、芯まで綺麗に取り除かなくてはなりません。特に悪性の場合は完璧な切除が求められるため、切開法を用います。

レーザーや電気メスに比べると少々傷口は深いものの、一回で取り切れるので◎なるべく患部が大きくなる前に対処しておきましょうね。

TOP