株式会社B-plusロゴ

お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part②

HOME > お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part②

お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part②

新型コロナウィルスで外出できない…そんな時こそお家でエクササイズで自分磨き!

今世界中を震撼させている”新型コロナウィルス”ですが、まだまだ収束する気配は見られず、明確な解決策や対処法がまだ見つかっていません。

そんな新型コロナウィルスの影響で、自らの感染を避けるためと周囲への感染を防ぐため、全体的なウィルスの撲滅のために、各国で不要な外出を避けるため、子供達は学校が休校になり、大型施設やライブなどのイベント等も軒並み中止となり、世界中がそのウィルスに恐怖と不安の日々が続いていますよね。

それらに伴い、休日やテレワークになってもどこにも遊びに行けない…自宅にて過ごす日々が続いていますが、そんな時こそお家での美容タイムにうってつけです!

ゆっくりお風呂に浸かり半身浴をしたり、普段忙しくてないがしろにしているフェイシャルマッサージやフェイシャルパック、フェイシャルマスクなどの、美肌のためのスキンケアをフルコーズでやってみたりと、美容タイムには持ってこいです!

そしてスキンケアやフェイシャルマッサージ、フェイシャルパックなどをしながらできるのが「エクササイズ」です。

普段よりも通勤やショッピングなどの歩く時間などが大幅にカットされるため、どうしてもこうゆうときは運動量が落ちるので、体が鈍りがちになったり、カロリー消費量が落ち、太りやすいタイプの方ならあっという間に増量してしまうことも。

そこで今回は、お家でフェイシャルパックやフェイシャルマスクをしたりと、スキンケアをしながらできる「簡単お家エクササイズ」をご紹介していきます。

簡単なエクササイズをしながら同時進行のスキンケアタイムでダイエットも美肌も同時にゲットしましょう!

美腹エクサ継続の秘訣!疲れた日こそ行いたい美くびれエクサ

まずは痩せたい場所No.1の”お腹”周りです。どんなタイプの方でも、太る時にまず最初に太りだす場所が”お腹”周りだという方は女性には多いのではないでしょうか?

いわゆる”美腹”をつくるには、エクササイズでムダ肉を落とし、筋肉でデザインすることが鉄則とは分かっていても、「続かない!飽きた!」という声もよく聞きます。

そこで今回は、サボって罪悪感が溜まってフェードアウトしてしまわないように実践して欲しい簡単な”美腹”エクサをご紹介します。

くびれをつくる美腹エクササイズ

このエクササイズは、体幹力を鍛えて腰周りやお腹周りのムダ肉を引き締める効果が期待出来ます。違いは、両足を左右に移動させる動作で、腰肉を引き締め、くびれ作りが期待出来ます。また、太もも外側の筋肉も刺激されるので、どの部位が刺激されているのか観察しながら、じっくり動作してみて下さい。また、吐く息と共に疲れも吐き出すイメージで、心身ともにリフレッシュしてみて下さいね。

【期待出来る効果】

体幹の強化(背筋、腹筋の強化)、姿勢が美しくなる、くびれをつくる、太もも肉の引き締め、便秘解消、むくみ解消、冷え解消など。

【実践回数&期間】

いらないお肉をそぎ落とす美腹エクササイズと組み合わせでもOK。もしくは、疲れた日のみトライしてみて下さい。ボディラインの変化にとても効果的なエクササイズです。

【HOW TO】

1.床に座り両手のひらをお尻から15cmほど後ろにつけます。両肘を曲げ、大転子(お尻の横骨)→肩→耳まで一直線にし、体幹を安定させます。顎は軽くひき、首の後ろを伸ばし、かかとを床から離します。そのまま10呼吸ほどキープし、息を吐くたびにお腹を腰に引き寄せドローイングします。

2.息を吸いながら、両つま先を床から離し、息を吐きながら揃えたつま先を右床にタッチし、そのまま5呼吸キープし続けます。

3.反対側も同様に5呼吸キープ。左右10回づつ目安に動作を繰り返しましょう。動作中は、上半身の形が崩れないように意識して下さい。

動作のポイントは、なるべくつま先を大きく移動させることがポイントです。両膝、両つま先をつけたまま。下半身の太もも内側も閉めた状態をキープしながら動作してみて下さい。

こんな時こそ贅沢スキンケア&エクササイズでサイズダウン!

新型コロナウィルスはまだまだ解決せず不安が続きますが、こんな時こそお家ケアを頑張る時間にしちゃいましょう。普段は忙しくて省いてしまうような、高級スキンケアアイテムを使ってフェイスパックやフェイシャルマスク、フェイシャルマッサージなどをしたり、高機能美顔器で成果を最大限に出しましょう。

そして同時進行で簡単エクササイズで自宅で鈍りがちな体のためにしっかり運動量を増やしてあげましょう。

TOP
×