株式会社B-plusロゴ

お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part①

HOME > お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part①

お家にいるときこそ”自分磨き”でスキンケアしながらお家でエクサ!Part①

やっぱり”お腹痩せ”したい!お腹痩せをあきらめない!こんな時こそお家でスキンケア&エクサ!

新型コロナウィルスの影響は皆さんも大きく受けていらっしゃるのではないでしょうか?日に日に世界中で広がっている様子は、世界中の人々を震撼させています。

子供達の学校は休校になり、ライブやイベントなども続々中止が発表されて、収束どころかますます大きな問題になっており、リーマンショック以来の大きな社会問題化しています。

政府からもいよいよ不要な外出を控える発表が出て、仕事をされている方は自宅でのテレワークになっている方も多いのではないでしょうか?

先行きが見えず、毎日が不安と恐怖に覆われた日々が続いていますが、そん時こそお家で過ごす時間を贅沢にして、自分磨きのために時間を使いましょう。

普段面倒になってしまうようなゆっくり時間をかけて、高級なスキンケアアイテムで行うフェイシャルエステのような、フェイシャルマッサージやフェイシャルパックやフェイシャルマスクをしながら優雅に半身浴をしたり、読書もおすすめです。

中でもおすすめなのが、スキンケアしながらできる”簡単エクササイズ”です!自宅にいることから普段よりも大きく落ちる運動量をまかなうことも然り、普段おっくうになって先延ばしになっていた”ダイエット”をスタートさせる絶好の機会です!

そこでスキンケアしながらできる”簡単エクササイズ”をご紹介します。まずはみんながまず痩せたいという”お腹痩せ”です!

そもそもどうしてお腹周りが太ってしまうのか?

お腹周りが太る理由は、摂取カロリー>消費カロリー=体脂肪。体はどこかで重心をとろうとして、おへそ周辺から脂肪をためこむような仕組みがあるからなのです。

また、女性なので子宮周りは脂肪を蓄えるようになっているという、構造上のシステムも関係しています。

カロリー過多になってしまう原因

◾️食べるものを厳選しよう

よくあるのが、今から食べようとしているものに対してきちんと把握せず、なんとなく食べてしまっている人が多いということがあります。また、可愛いから、や、流行っているから、などの見かけだけの食べモノは控えましょう。

例えば、高カロリーで栄養価の低いスイーツなどです。もしあなたが食事後も満足感が得られないのであれば、食べているものを変えてみましょう。行動する事、考える事で「適正体重をキープさせる脳」が目を覚まし、内臓も正しく機能し始めるようになります。

◾️ストレスから過食に

やはりカロリーが増えてしまう原因の多くはストレスです。満足感が得られず食べ過ぎてしまう状態は、「食べ過ぎ指令を出す脳が使えていない状態」になってしまっています。

私たちの体は適正な体重をキープするためのホルモンや機能を持っているのに、それが使えない状態になっているのです。

食事すること自体が何よりの趣味で、食べること自体が好きな人は多いですよね。味気ないダイエット食ではなく、心から美味しい!と思えるものできちんと栄養価が高い物を食べましょう。お肉などはダイエット時は倦厭されがちですが、赤みで脂身を取らなければおすすめですよ!

やっぱり痩せたい”お腹”!しっかりエクサして”美腹”になろう!

◾️美腹エクササイズとは

エクササイズは、体幹の腹筋や背筋の大きな筋肉を使いながら、引き締まったお腹周りを作ります。さらにねじる動作で女性らしいクビレと薄いボディラインで華奢なシルエットに仕上がるので、ぜったいやりたいエクササイズです!

◾️注意点

ねじる動作が辛い人は、まず両手を前に伸ばすだけで十分です。この時、前に伸ばした指先は前に押し出し、みぞおち(おへそ付近)は後ろに押し出しながらバランスをとることです。現在腰痛でお困りの方は、改善してからもしくは、無理のない範囲で動作して、決して無理をしてはいけません。

【HOW TO】

1.床に座って両足を床から離し、かかとを膝の高さに引き上げます。両手のひらを合わせ、指を絡めたら人差し指だけ前に向けます。

腰骨の真上に肩が来る位置で、腹筋と背筋で背骨を押すイメージで、体幹を意識しながらするようにしましょう。

2.そのまま息を吐きながら、指先を左方向に押し出します。息を吸いながら上体を正面に戻します。

3.息を吐きながら、指先を右方向に押し出します。左右5回を目安に1セット。慣れてきたら2セットを目標に動作しましょう。

スキンケアしながら美腹エクササイズでW美容

この美腹エクササイズでは、お尻が痛い、床に座った状態で動作するのが辛い、という人もいたかと思います。その場合はブランケットなどを使い動作して行うようにして、決して無理をして痛めないようにしましょう。3週間トライしてみて下さい。必ずボディラインに変化が現れます。

せっかくの休暇でもあるので、新型コロナウィルスでの不安防止にもしっかりお家でスキンケアやエクササイズで美容タイムを満喫して過ごしましょう。

 

TOP
×