株式会社B-plusロゴ

お肌は丁寧に扱う!洗顔中やその後のケアの仕方を見直そう

HOME > お肌は丁寧に扱う!洗顔中やその後のケアの仕方を見直そう

お肌は丁寧に扱う!洗顔中やその後のケアの仕方を見直そう

美容マニアのたかなし亜妖です。洗顔中やすすぎ終わった後、ちょっとした行いが刺激になったり、肌へのダメージを悪化させていることもあります。ゴシゴシとタオルで水分をふき取る、化粧水を叩くように付けるなど、自らの手でせっかくのスキンケアを台無しにしては意味がありません。

ちょっとしたことかもしれませんが、毎日の積み重ねだからこそ最も気を付けたい部分です。あなたはお肌に対してきちんと気を使っているか確認してみましょう!

 

洗顔中、きちんと泡立てている?

もこもこの泡をたっぷりと立てて、お肌の上で泡を転がすように洗うのが正しい洗顔方法です。ネットを使うときめ細やかなホイップができるものの、この一手間を惜しむ女性もかな~り多いのだそう。朝は時間がないからと言って手で洗顔料を馴染ませ、こするようにして洗うのは絶対にNG。毎日の刺激が積み重なると、年齢を重ねるにつれて蓄積されたダメージが現れ始めます……。

お肌をこすると刺激となり、ニキビだけではなくシワ・たるみなど劣化の原因に。年齢よりも早く“老け”が出てきた場合は、洗顔中の粗さが影響している可能性も高いのだそう。ニキビができていたり、毛穴がパカッと開いている場合も刺激はなるべく避けたいもの。しっかりと泡を立てて、直に肌へ触れないような洗い方をしてください。

 

ちなみにすすぎに関しても同じで水を顔に強くバシャバシャあてる、水でこすって落とすのはダメですよ!

 

洗顔後のふき取りや化粧水をつける過程も注意

洗顔中だけでなく、その後のふき取りや化粧水・乳液の過程も注意が必要です。顔の水分をふき取るためにはタオルでこするのではなく、ティッシュを数枚重ねて水分をしみ込ませるようにすると◎この方法なら刺激を最低限にとどめられ、しっかりと水分を吸収させられるので一石二鳥ですよ。

 

余計な水分を取ったら次はスキンケアですが、ここも素早く行いたいもの。そのまま放置するとどんどん乾燥が始まってしまうのでスピーディーに化粧水をつけましょう。この時「パンパン!」と叩くようにつけるのではなく、あくまで肌の奥へ押し込むようにしてください。力を入れずに優しい力で「トントン」と押すと浸透もしやすくなっていきます。

化粧水も乳液も肌の上で広げるのではなく、手のひらである程度馴染ませてからつけることがコツ。肌の上で行うとどうしても力が入ってしまいがちなのでご注意を。

 

全てに共通しているのは擦らない・刺激を与えないということ!それさえ守っていれば酷い老化を防げ、たるみやシワの予防にもなります。

TOP