株式会社B-plusロゴ

そもそもエイジング肌、年齢肌とは?

HOME > そもそもエイジング肌、年齢肌とは?

そもそもエイジング肌、年齢肌とは?

 

10~20代の積み重ねが30代以降に

女性ならみんなが大なり小なり気になる”美容”ボディケア、ヘアケア、など様々な美容がありますが、やはり人の印象を決めるポイントになるのは”顔”なので、フェイスケアやスキンケアに力を入れている方も多いのではないでしょうか。

特に30代になると肌が衰え始めるという定説から、スキンケアやフェイスケアが気になる方が多いようです。

実際、10代や20代の何も肌トラブルなどがない時に、日焼け止めを塗っていなかったり、きちんとケアをしていなかったり、メイク落としが雑だったりと、何も肌トラブルがない時に油断したりきちんとしていなかった積み重ねが蓄積されて30代以降になってから、シミやたるみ、シワなどの肌トラブルとなって出てくるのです。

そんな30代以降の肌をよく”年齢肌”や”エイジング肌”と呼ばれるのですが、具体的にどんな状態をいうのでしょうか。

今回は肌正しいトラブルやスキンケア、具体的なエイジングケア・アンチエイジングの前に、そもそも年齢肌やエイジング肌とはどんなものなのかをしっかり検証していきましょう。

そもそも年齢肌、エイジング肌とは…?

”年齢肌”とは、簡単に言うと言葉の通り、年齢を重ねた肌のことですが、世間的に言われていい見合いは少し異なります。

年齢を重ね、そこにその年齢を重ねた分のシミやシワ、たるみ、乾燥などの肌トラブルや、蓄積された肌ダメージの肌であると言う認識です。

通常、一般的に見て、自分の肌がどのくらいの年齢をしているのか、実際の自分の年齢に比べて高いのか低いのかを判断することができる”肌年齢”です。

実際の自分の年齢に比べて肌年齢が低いということは、普段からのスキンケアがきちんとされていて、肌が健康状態で保たれているということがわかりますよね。

自分自身の肌年齢を知ることで、自分の肌は何が不足していてどういったところを集中的にケアしていけば良いのかということも詳しく知ることができます。

ここで言う”年齢肌”には、あくまでも”見た目の肌年齢”であり、実際に年齢が何歳かは関係ありません。

と言うことは、実年齢より肌年齢が若ければその分若見えが可能になるのです。

逆に言えば、実年齢が若くても、肌年齢が増して見えればその肌年齢の年齢にみえてしまうのです。

 

肌年齢の基準となるのは?

水分量

まず肌年齢の基準となるものとしてあげられるのが肌の「水分量」です。

肌の細胞が若ければ若いほど、肌の水分量をしっかりとキープする力も強くなります。肌の水分量が少なくて乾燥が進んでいる状態になっていれば、肌の細胞が水分を保つ力がなくなっているということなので、肌年齢も高くなってしまいます。

油分量

次に肌年齢の基準となるのが「油分量」です。肌年齢が若いほど油分量が多くなっていますが、年齢を重ねると肌の油分量はどんどんとなくなっていきます。

油分量も水分量と同じで多ければ多いほど肌年齢は下がり、少なくなっていくごとに肌年齢はどんどん上がっていってしまいます。

メラニン量

実際に見ただけではシミがなく綺麗な肌をしている場合でも、機械で肌年齢をチェックしたときに肌の奥にメラニンが多く潜んでいる場合があります。

年齢を重ねるごとにメラニンの数は増えていくので、肌年齢をチェックした際にメラニンの数が少なければ少ないほどシミができる確率は少なく、肌年齢も低いということがわかります。

肌の弾力

肌に圧力を加えてそれに対する反発力が強ければ強いほど、若々しく肌年齢が低くなっているといえます。

これらの肌年齢を基準にして、上がってしまった肌年齢をいかにして下げていくかを次回検証していきましょう。

TOP