株式会社B-plusロゴ

どうしても甘いものを食べるなら、洋菓子よりも和菓子一択!

HOME > どうしても甘いものを食べるなら、洋菓子よりも和菓子一択!

どうしても甘いものを食べるなら、洋菓子よりも和菓子一択!

美容マニアのたかなし亜妖です。ダイエット中の誘惑と言えばやはり甘いもの。ケーキやクッキー、チョコレートをついつい食べたくなってしまいますよね。けど甘いものに手を出すなら、洋菓子よりも和菓子がおすすめ。どちらも砂糖がたっぷり使われているのでたくさん食べるのはNGですが、ダイエットに向いているのは和菓子なのです。

餡子が苦手でない限り、間食にはポテトチップスやケーキなどではなく羊羹やお団子を選ぶといいでしょう。

 

なぜ和菓子がダイエット向きなのか

洋菓子はバターや卵、クリームをたっぷり使っているものが多く、そもそものカロリーが高いです。和菓子もお餅といった炭水化物が使われているとカロリーはそう低くないのですが、洋菓子に比べると多少はマシなもの。そしてバターやクリームがないので脂質が大幅にカットされているのも注目すべきポイントですね。和菓子=脂っこいというイメージがないように、余計な油分がほとんど摂取しなくて良いという利点も。

そして何より餡子が使われているので、食物繊維が含まれているのも嬉しいですね。小豆は食物繊維が豊富でアントシアニンなどの栄養素もたっぷり。おやつを楽しみながら栄養にも気を配れるので、ダイエットに和菓子が向いていると言えるのです。

 

ダイエットに不向きな和菓子もあった!?

ただし全ての和菓子がダイエットに向いているのではありません。羊羹(水、芋羊羹)、大福、草餅(かしわ餅など)、きんつば、最中、練り切りは向いているものの、おはぎやどら焼きは控えた方が無難。おはぎはご飯を使用しているのでたくさん食べれば炭水化物の摂り過ぎとなってしまいます。またどら焼きは皮の部分に脂質が多く、洋菓子と和菓子をミックスさせたようなお菓子。ホイップが入っているものなど、基本的にダイエット向きではありません。

和菓子全般がOKなのではないので、まずはメニューを選ぶことが大切ですね。

TOP