株式会社B-plusロゴ

むくみがどうしても取れない時は

HOME > むくみがどうしても取れない時は

むくみがどうしても取れない時は

美容マニアのたかなし亜妖です。リモートワークが定着し、家に籠りきりの生活が当たり前になってしまったそこのアナタ!運動不足や血液の循環が悪くなり、手足、顔など全身がパンパンになっているのもしれませんよ。「なんだかあちこちに肉がついたような気がする」、「脚が太くなった」、「顔が丸い」と悩んでいるのも、もしかするとむくみが取れないことが原因かもしれません。

むくみを放置しておくといずれ脂肪に変わり、体へと蓄積してしまいますよ。昨日のむくみは昨日のうちに、何日も持ち越さないことがスッキリさせつ秘訣です。

 

むくみが取れないのはなぜ?

ちゃんとマッサージをしているのにむくみが取れない!そう嘆く女性は非常に多いもの。しかしむくみは基礎代謝や血液の循環と大きく関係しているため、全身の流れが悪いとただ揉みほぐすだけでは老廃物が簡単に出ていかないのです。

代謝や血流の悪さは運動不足や食生活が関係しており、特に自粛中の現在は以前に比べて動かなくなっている人が大多数。さらにリモートワークで家から一歩も出ない日が当たり前になれば、下半身もパンパンになってしまうのも致し方がないことでしょう。

 

代謝が下がっている時にむくみへのアプローチをしても、根本の部分を解決しなければ意味がありません。マッサージをするだけ、着圧ソックスを履くだけではなく体の内側からのケアを行って下さい。

 

ガンコなむくみを解消するには

ガンコなむくみはなかなか厄介なもので、パンパンだった脚が筋肉痛になるなど困ったトラブルを引き起こしやすいです。まずは老廃物が流れていく体を目指せるよう、運動量を増やしてください。軽いウォーキングやヨガ、ストレッチで構いません。同じ姿勢で居続けることがむくみや歪み、コリの原因となりますので、「1日このくらいは動く」と決めること。

身体が柔軟になると自然と血流もアップし、体内のゴミが排出されやすくなりますよ。

 

元々運動量が多いのにむくみが酷い場合は、もしかすると水分を体内にため込みやすいのかもしれません。摂取する水分量が極端に少ない、あるいはトイレにいかない、汗をかきづらいなどなど。水はけの良い状態にするには“発汗”に注目してみましょう。湯船につかる、半身浴をする、岩盤浴へ行くなどが効果的です。

これらは代謝を上げる行為ですし、汗をしっかりとかけるので余計な老廃物がでていくきっかけにも◎一度きりだけでなく日常的に行うことで効果が徐々に感じられると思います。

 

ガンコなむくみはマッサージだけではなかなか解消されません。根本的な部分を見直してスッキリボディを目指しましょう。

 

TOP