株式会社B-plusロゴ

アルコール消毒液で手が荒れる?正しい保湿方法とは

HOME > アルコール消毒液で手が荒れる?正しい保湿方法とは

アルコール消毒液で手が荒れる?正しい保湿方法とは

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。コロナウイルスが流行し始め、お店に入る時も、どこへ行くときもアルコール消毒液が必須となりました。事あるごとに消毒を行えるのは良いことですが、その影響で手荒れが酷いという人も。夏場で手荒れが見られるのなら、冬場はもっと心配ですよね。今回は正しい保湿についてご説明します♪

 

なぜ手が荒れてしまうのか

設置されているアルコール消毒液は殺菌力が強いため、皮膚への刺激も大きいのです。元々手の甲は皮膚も薄く、常に様々な刺激に晒されているので、消毒液によりダメージは非常に厳しいもの!普段から水仕事をしている場合や、手荒れがしやすい人は要注意です。皮膚が乾燥しやすくなっている状態ですので、ほかの人よりも更に刺激を感じやすいかもしれません。

あっちこっちで消毒液を使えば当然ダメージが蓄積されていくでしょう。特に今の時期は入店のたびにシュッシュと手にふりかけているので、頻繁に使用していることになりますよね。よって手荒れを引き起こしてしまうのです。

 

手荒れ対策として

今後もアルコール消毒液を使わないという選択肢はないので、上手に付き合っていくことがカギとなります。まず初めに当たり前ですが保湿は必須。ハンドクリームを持ち歩き、こまめに塗ることを心がけて下さい。乾燥が軽度ならサラッとしたテクスチャのクリームでも◎保湿がある・ないだけでも大きく違ってきます。

ただし赤くなっている、手の甲が痛い等乾燥が酷い場合は尿素配合の薬用ハンドクリームを使います。酷くダメージを受けた皮膚に保湿力の低いクリームは、あまり意味がありません。尿素が配合されていることによって角質まで届くので、手荒れの改善が期待できますよ。

 

ひびやあかぎれ、湿疹などあまりに状態が酷い場合は迷わず皮膚科へ。人によってはアルコールアレルギーを引き起こしている可能性も高いので、十分に気を付けましょう!

TOP
×