株式会社B-plusロゴ

“カフェインが合わない体質”さんは摂取量にご注意を

HOME > “カフェインが合わない体質”さんは摂取量にご注意を

“カフェインが合わない体質”さんは摂取量にご注意を

美容マニアのたかなし亜妖です。「朝一杯のコーヒーを飲むと脂肪燃焼が期待できる」「カフェイン濃度の高いサプリでダイエット」「エナジードリンクで目を覚ます!」など。私たちの身の回りにはカフェインを含んだドリンクや食品、サプリメントが多く存在しています。

カフェイン=悪ではなく、上手に取り入れれば十分な効果を発揮してくれるもの。美容にこだわりたい方にも欠かせない成分ですが、残念ながら“合わない体質”の方は一定数いるのです。

合わない物を無理して摂り続けると体調に様々な害を及ぼしてしまいますよ。体に良い物を存分に取り入れるのではなく、体と相談しながらにしていきましょうね。

 

カフェインが合う人・合わない人

体質的にカフェインが合う人・合わない人とハッキリと分かれます。もちろん味覚の違いや食の好みにもよりますので「好き・嫌い」は人それぞれでしょう。

“合わない”というのはカフェインを含有している何かを摂取すると、体調に異変をもたらしてしまうタイプのこと。

 

例えばコーヒーを飲むと体の調子が関係なく吐き気がする、胃痛やムカムカが止まらない、動悸がするなどです。基本的にカフェインで体調不良を引き起こす人はあまり胃腸が強くないことも多いとか。慣れない刺激によって胃が簡単に荒れることもあるため、まずは無理をして摂取しないことが大切ですよ。

 

また動機や緊張、頭痛が止まらない場合は精神面も関係しています。メンタルが安定していないところへ興奮作用のあるカフェインを入れてしまえば、穏やかな気持ちではいられなくなるでしょう。結果的に頭痛やドキドキ、落ち着かない不安感を招くので、リラックスしたい時には避けたい成分と言えますね。

 

まれにカフェインアレルギーという症例も見られますが、あまり多くはないそうです。

 

体に合わないけど摂取したい!そんな時は

「たくさん飲むとダメだけど、味が好きだからコーヒーは飲みたい」「ハイカカオチョコが好きなんだけどどうしよう」など、カフェインを摂取したい日もありますよね。

ただし通常の人に比べると刺激に弱いため、同じ量を体内に入れれば自分が辛くなってしまうかも?できればコーヒーは1日1杯にして、ハイカカオチョコも一袋まるまる食べてしまうのはやめましょう。

 

とても美味しい組み合わせなのですがブラックコーヒー×ハイカカオチョコなどもNG!またウーロン茶や緑茶(濃い味なども)、ココアにも多少含まれますので、食事のたびに飲まないように心がけることも大切ですよ。

TOP