株式会社B-plusロゴ

カラコンも進化している?UVカット&高含水レンズとは

HOME > カラコンも進化している?UVカット&高含水レンズとは

カラコンも進化している?UVカット&高含水レンズとは

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。私たちの生活では欠かせなくなったカラコン。今では女子のマストアイテムとなり、カラコンがないと生きられないという声も多いことでしょう。実際に私もカラコンなしの生活は考えられないですね!

以前のカラコンは痛い、乾燥する、着け心地が悪い、度がない、みんな無理して着けているなど(笑)よくないイメージがついていました。ですが現代のカラコンはUVカットの機能や、着け心地にこだった高含水レンズなどあらゆるタイプが存在しているのです。大人も付けられるナチュラル系レンズも多いので、まだ未経験のかたはぜひ挑戦してはいかがでしょうか?

 

UVカットレンズとは

UVカットレンズとは文字通り、紫外線をカットしてくれる機能があるレンズのことです。紫外線の脅威から目を守ってくれますので、カラコンをつけながらUVケアもできる優秀なアイテム。オシャレをしながら実用性にも富んでいるって、なんだかすごく得をした気持ちになりますよね!

ただUVカットレンズを着ければ全ての紫外線をシャットアウトできる、というのではありません。サングラスや飲む日焼け止めなども併用することで、より効果がアップするというものです。サングラスの代用品にはなりませんので、そういった点を注意しながら装着しましょう。

 

高含水レンズとは

高含水レンズとはレンズ本体の含水率が50%以上のものを指します。酸素透過率が高いものも多いので、着け心地にこだわったレンズと言えるでしょう。カラコン独自のゴロゴロ感はなく、レンズが柔らかいので硬いレンズが苦手な方にも◎カラコンの目に張り付くような感じが苦手な方にもおすすめです。

ですが高含水レンズは、ドライアイの方には向きません。元々の含水量が高いからこそ、その分うるおいを欲するため乾きやすいのです。着け心地重視なら良いのですが、乾きやすいのなら低含水レンズ(含水率50%以下)を使用すると、目に負担がかかりませんよ。

TOP
×