株式会社B-plusロゴ

クレンジングと洗顔。似ているクレンジングと洗顔の違いとは?

HOME > クレンジングと洗顔。似ているクレンジングと洗顔の違いとは?

クレンジングと洗顔。似ているクレンジングと洗顔の違いとは?

クレンジングと洗顔の違いとは

女性の美肌を作るにあたって欠かせない”スキンケア”。高級エステで行われるフェイスパックやフェイスエステ、フェイスマッサージなど、そのどれもが最高ですよね。

しかし時間的にも経済的にも、毎日エステサロンでトリートメントやスキンケアをするのは難しいですよね。毎日のお家でのスキンケアは、それゆえアンチエイジングやエイジングケアとしてとても大切な役割を担っているのです。

そんなスキンケアをやっ行く上で最初のステップであるクレンジングと洗顔。スキンケアには欠かせない2つですが、この2つの明確な違いを答えられる方は少ないのではないでしょうか? 最近では、クレンジングと洗顔の役割をひとつで果たしてしまう化粧品も多く登場しており、その違いがますます分かりづらくなっています。

そこで、スキンケアのベースとも言えるクレンジング&洗顔についてその違いをはっきり理解しておきましょう。

きちんと理解していますか?クレンジングと洗顔の違い

まずは、基本的なクレンジングと洗顔の違いをきちんと把握することが必要です。

クレンジングは、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすものです。それに対して、洗顔は古くなり、お肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とします。

クレンジングは主に“油性”の汚れや落ちにくい頑固な毛穴のつまり、洗顔は主に“水性”の汚れをきれいにするものと思っておくと分かりやすいかもしれません。

クレンジングだけでも一見汚れはしっかり落ちているように見えて、洗いあがりもさっぱりすることから、「洗顔なしでも大丈夫なのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、油性と水性という性質の異なる汚れを対象としているので、クレンジング+洗顔の“ダブル洗顔”を行うことはスキンケアには必要なのです。

ダブル洗顔による乾燥が気になる方はオーガニックコスメを

また、薄いメイクや日焼け止めだけで過ごした日には、クレンジングをせず、洗顔だけで済ませてしまうこともありますが、どんなに薄くてもメイク汚れはクレンジングでしか落ちません。しかしやはりしっかりダブル洗顔を行うことは少なからず乾燥などの心配はあります。

今はオーガニックコスメやミネラルコスメがとても進化しており、クレンジングを使わなくても石鹸や洗顔で落とせるメイクアイテムも多く登場しています。

とくに日焼け止めは、顔にしっかりと塗りこむので汚れも毛穴にしっかりと埋めこまれています。やはり、しっかりダブル洗顔をして汚れを落とすことが、美肌へのカギと言えるでしょう。

クレンジング&洗顔のダブル洗顔をするときのポイント

しっかりと毛穴の汚れを落とし、肌トラブルを防ぐためには、クレンジング+洗顔の“ダブル洗顔”が不可欠です。しかし、一度に2回洗うということは、肌への負担も大きくなります。

とくに乾燥肌や、クレンジングと洗顔の最中に肌にピリピリ感や痛みなどを感じる敏感肌の人は、ダブル洗顔後に化粧水や乳液、クリームなど自分の肌に合う保湿料を使って、しっかり肌を保湿することが大切です。

クレンジングがどうしても辛い方は、オーガニックコスメや敏感肌の方用に作られている敏感肌専用のスキンケアブランドやメーカーのスキンケアアイテムを使うことで改善されることもあります。

クレンジング&洗顔のダブル洗顔を行う際の注意点

クレンジングと洗顔の際に、しっかり落とさないと、と思うばかりに肌をゴシゴシこすって洗うのは絶対にNGです。

クレンジングは、メイク汚れを浮かせるイメージで、指の腹でやさしくくるくるとクレンジングをなじませます。

落とす力の弱いクレンジングを使用すると、強くこすってしまう恐れがあるので注意が必要です。最近のクレンジングオイルは、さまざまな性質を持つオイルを最適なバランスで組み合わせた、画期的なクレンジングオイルがたくさん登場しています。

強くこすらずとも“するん”とメイクを落としてくれるクレンジングを使うことで、肌への負担も軽くなります。

また、洗顔のときに肌への負担を軽くしてくれるのが“泡”です。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡を肌の上に滑らせるように洗うことで、肌への直接的な摩擦を減らし、こすったりすることなくやさしく洗顔することができます。

肌への刺激を軽くする濃密なもっちり泡が作れる洗顔料がおすすめです。ダブル洗顔でもうるおいたっぷりのやさしい洗い上がりで負担をかけることなくしっかり洗顔できるものを選びましょう。

TOP
×