株式会社B-plusロゴ

シーツや枕カバー、ちゃんと洗ってる?面倒臭がると“汚肌”になる理由

HOME > シーツや枕カバー、ちゃんと洗ってる?面倒臭がると“汚肌”になる理由

シーツや枕カバー、ちゃんと洗ってる?面倒臭がると“汚肌”になる理由

美容マニアのたかなし亜妖です。毎日使用するベッド周りのアイテムたち、きちんと洗っていますか?枕カバーや布団カバー、ベッドシーツやパジャマは使用頻度が高いからこそ、こまめに洗う必要があります。

「就寝時しか使わないから滅多に洗わない」「お風呂を入った後に寝るから清潔」と思っているのは超危険!意外と汚れが溜まりやすい場所で、放置しておけば肌荒れを招いてしまいますよ。面倒臭がらずしっかりと洗濯をして、“汚肌”対策を入念に行いましょう。

 

寝具を洗わないとどうなるの?

洋服やタオルは頻繁に洗えど、ついつい寝具は忘れてしまう人も多いですよね。けれどもベッドは寝汗やホコリ、ヘアオイル、ボディやお顔のクリームなどで汚れがちな場所なんです!冬場は湯たんぽなどを使えば熱も溜まり(=湿気の発生)、私たちが恐れるダニにとっては最高の環境に……!

 

“顔ダニ”によって肌荒れが治らない人、原因不明のニキビに悩まされている人は、もしかすると寝具の不衛生さが原因かもしれません。顔だけでなく全身に触れるものですから、あちこちに湿疹ができてしまう場合も要注意ですよ。またダニによるアレルギー反応も起きやすくなりますので、鼻や目のかゆみ、涙目が酷くなった場合も寝具に問題がある可能性大。

 

毎日のベッドタイムが自身の健康や美容に影響を及ぼさないよう、必ず綺麗な状態にしておきたいものですね。

 

寝具の清潔を保つためには

ベッド周りのアイテムを清潔にするためには、やはり洗濯が必要不可欠です。毎日洗うことはないものの、週1回~2回が理想的。寝汗が多い、お風呂に入らずそのまま寝てしまうことが多いタイプは週2回を目安に洗いましょう。シーツ、枕カバー類は洗濯機に入れて洗うだけでOKです。

 

なかなか洗濯が難しい毛布や羽毛布団は、天日干しをするだけでもダニ対策の効果が違います。繁殖してしまう前に予防を心がけましょう。

TOP