株式会社B-plusロゴ

ジメジメも✕です!部屋の適切な湿度について

HOME > ジメジメも✕です!部屋の適切な湿度について

ジメジメも✕です!部屋の適切な湿度について

美容マニアのたかなし亜妖です。気温が下がると乾燥が目立ち、部屋の湿度が気になる人も多いでしょう。寝起きに喉や肌、髪の毛の渇きを実感するようになったのなら、それはかな~り室内の空気がパサパサということ。しっかりスキンケアを行っても湿度が低ければせっかくの努力も台無しになってしまいます。

部屋には適切な湿度というのがありますので、冬場は特に気を付けたいもの。ジメジメもNGですから、快適に過ごせるように調整を行ってみてくださいね。

 

部屋は湿度何パーセントが適切か?

ジメジメしすぎても不快、かといって乾燥しすぎると過ごしづらい……。我々の頭を悩ませる湿度問題ですが、人によって感じ方は異なることを覚えておきましょう。乾燥肌の人なら湿度が50%前後でも相当パサつきを感じますし、そうでない場合は40%台でも「全然平気」といったケースもあります。

 

だいたいベストな湿度は40%~60%程度まで。差の開きがあるのも“個人差”や部屋の作りや広さによるものなんですね。

 

ただし40%を下回ってしまうとほとんどの人が渇きを覚え、ウイルスが活動的になってしまうため注意が必要。逆に湿度が60%以上を保ってしまうとカビやダニを引き起こすことになってしまいます。何事も適切な数値を守るのが大切ということです。

 

いつまでも乾いている、あるいはジメジメすぎる場合は?

加湿器を稼働させているのに乾燥を感じる場合は、加湿が足りていないことが考えられます。部屋の面積に対して卓上加湿器一つでは不十分ですので、広さに合ったものに変えるのがベスト。プラスして洗濯物や濡れたタオルなどを干しておくと部屋のうるおいが保たれます。

 

逆にジメジメすぎてしまう場合は加湿器のパワーを弱めるか、雨の日は加湿器をつけないなど調整をしてみてください。家の作りによってはカビやすいこともあるので、無理に湿度を上げ過ぎてはなりませんよ。

TOP