株式会社B-plusロゴ

ストレスで息苦しい!?イラっとした時こそ呼吸を意識して

HOME > ストレスで息苦しい!?イラっとした時こそ呼吸を意識して

ストレスで息苦しい!?イラっとした時こそ呼吸を意識して

美容マニアのたかなし亜妖です。過度なストレスを覚えると突然息苦しくなったり、背中のあたりが痛んだり、急な動機が起こったことはありませんか?人間はストレスを感じると呼吸が浅くなってしまう生き物です。精神的な負担がかかり続けると呼吸の浅さから、様々な箇所へ影響を及ぼしてしまう可能性も高いのだとか。

心に余裕がない時こそ、まずはゆったりとした呼吸を意識してほしいもの。今回は生きるのに欠かせない「呼吸」について解説していきます。

 

呼吸と脳は繋がっている?

イライラ、不安、緊張……。現代社会で生きる私たちは多くのストレスを抱えています。その中でも発散が上手でないタイプは溜めこみ、心のモヤつきが解消できないまま毎日を過ごすことになるでしょう。脳と呼吸は密接に繋がっていて、実は感情によって呼吸も大きく左右されてしまうのです。

精神的な負担を覚えれば自然と呼吸は浅くなり、リラックスしていると深い呼吸へと変化するようになっています。ストレスを感じているということは体が常に緊張している状態。呼吸が浅くなり続けるとさらに緊張も深まってしまうため、心身ともに良くありません。

できればストレスの元凶を改善させる、発散方法を身につけたいのですが人の性格にもよりますから、今すぐの実行は難しいはず。「今呼吸が浅いな」「苦しいかも」と感じたら、まずはゆっくり息を吸い、吐くことを心がけてください。それだけでも筋肉の緩まり方が大きく変わりますよ。

 

おすすめは腹式呼吸

イライラすると呼吸が浅くなるだけでなく、全身に力が入り、顔もこわばり、歯のくいしばりを招くなどの悪循環に陥ります。そこから肩凝りや首凝り、頭痛を引き起こすことも考えられるので、呼吸に変化が起きるだけで様々な影響を及ぼしてしまうのですね。

大きなストレスを感じたらお腹をつかった腹式呼吸がおすすめ。息を吸うときにお腹を大きく膨らませ、吐く時にへこむ大きな深呼吸をしてみましょう。新たな酸素を取り入れることで頭もスッキリしやすくなり、ガチガチになった全身が緩まりやすくなりますよ。

 

マッサージや入浴なども大切ですが、まずは呼吸に意識を向けてみてください。心がリラックスモードになれば寝つきも良くなり、ストレス解消への前向きな心にシフトチェンジしやすくなるはずです。

TOP