株式会社B-plusロゴ

フェイスパックって実際効果あるの?パックの効果検証

HOME > フェイスパックって実際効果あるの?パックの効果検証

フェイスパックって実際効果あるの?パックの効果検証

 

フェイスパックとは?

 

”フェイスパック”とはその名の通り「顔に使うパック」のことです。化粧水や美容液、中には化粧水や乳液がオールインワンになって入っているものがパックにすでに浸透している状態で販売されており、顔に合わせて密着させて使います。

いつもの化粧水や乳液、クリームなどのケアよりも高い保湿力があるとされているため、冬などの乾燥が気になる時に使う方も多いのではないでしょうか。

顔全体のものの他にも、部分的なケアに行う小さなパックや、目元と口元に分かれているセパレートタイプ、一般的な顔一面を覆うタイプなど種類も用途もたくさんあるので、自分の顔に密着し、自分に合う形や効果や効能などの目的別で保湿・美白等の効果で選ぶのがおすすめです。

 

基本的な使い方

基本的に、フェイスパックは洗顔して肌の汚れやメイクを落とした後に使います。肌の余分な皮脂や汚れを落とすことで、肌への美容液の浸透力がアップするのです。

洗顔後に、そのままパックをつける人もいますが、できれば先に化粧水でしっかり保湿をしてから、そのあとにパックをつけるようにしましょう。化粧水は美容液を浸透させる効能を持っているので、洗顔と化粧水を使うことでよりフェイスパックの持つ本来の効果をアップすることができます。

化粧水を付けたらフェイスパックを顔に合わせながら密着させていきます。パック部分がくり抜かれている目元や口元はパックが当たらず乾燥してしまうので、先にクリームを塗っておくと乾燥対策になります。それぞれのパックによって使用時間は決まっているので、時間になったらパックを外し、”油分”が配合されている乳液やクリームなどで水分が蒸発してしまわないように、しっかりふたをしてあげましょう。

フェイスパックを使う際に気をつけるべき注意点

◆自分の目的や肌タイプに合ったものを選ぶ

フェイスパックは、化粧水やメイク落としなど、しっかり目的意識を持って選ぶアイテムと異なり、ほとんどの人がなんとなくフェイスパックを選んで使用していることが多いようです。

しかし化粧水がパックに配合されているもの、毛穴へのアプローチに特化したもの、美容液のみでできているものなど、入っている水分から目的・用途まで実はかなりたくさん種類があるのです。

◆使い方を守る

フェイスパックには、他の美容アイテム同様に、使い方や入っている成分まで記載されています。フェイスパックにはつけ終わったら剥がして終わりのものもあれば、剥がした後に洗い流さないといけないタイプもあります。洗い流しや拭き取りが必要なパックは、洗い残しや拭き残しがないように、ていねいに洗い流すのを忘れないようにしましょう。

◆毎日の連続使用が推奨されていないものもある

とても保湿効果の高いフェイスパックは、効果が高いのなら毎日使おう!という、美意識が高い方もいらっしゃると思いますが、毎日パックをすると、“やりすぎ”になってしまうこともあるのです。

一般的なフェイスパック製品は、通常毎日ではなく、数日に一度の”スペシャルケア”としての使用が前提にされているものが多いので、箱や説明書に書かれている頻度やサイクルを守ることが大切です。過剰なケアをすることで逆に油分が詰まってしまったりして吹き出物などができてしまうこともあります。

◆長時間置きすぎない

フェイスパックには、それぞれの製品ごとに基本的に使用時間が定められています。

どんなに効果のあるいい成分でも、「長い時間塗り続けていればよりいい」というものではありません。所定の時間を守って剥がしたり、洗い流しや拭き取りをしないといけないものはそれに従って対応する必要があります。

ずっと顔に密着させていると成分が蒸発したり乾いていまい、乾燥の原因になったり、肌荒れを起こすこともあるので要注意です。

◆自分の肌に合わないなら、どんなに良いものでも使用をやめる

フェイスパックの説明に、たとえば、「15分待ってから、洗い流してください」と書いてあったとしても、もし塗って2分後にかゆみがしたり、皮膚がヒリヒリしたなどのなんらかの異変を感じた場合には絶対にすぐに使用を中止するようにしましょう。肌トラブルを招く原因にもなりかねません。

使ってみて少しでも「肌に合わないかも」と感じたら、すぐにでも潔く洗い流したほうが安心です。必ず自分に合ったものを使うことが、高い効果を得るための最善策と言えます。

 

フェイスパックは用途を守り、ここぞという時のスペシャルケアに。

なんとなくフェイスパックを使われていた方も多いと思いますが、フェイスパックにはリフトアップへのアプローチや年齢が気になるエイジングケアにはもってこいのアイテムです。ドラッグストアやコンビニなどで手軽に帰るプチプラなものから、エステや美容メーカーの本格パックまで種類も豊富です。デイリーなケアとスペシャルケアで分けて使うのもポイントですよ。

 

TOP