株式会社B-plusロゴ

ブラシ、パフ……メイク道具の替え時

HOME > ブラシ、パフ……メイク道具の替え時

ブラシ、パフ……メイク道具の替え時

美容マニアのたかなし亜妖です。毎日使っているメイクブラシやパフ、いつが替え時なのか……。ベストなタイミングが分かりませんよね。値段の高いアイテムは手放すのにも躊躇しますし、綺麗ならまだ使えるのでは?と思うことでしょう。しかしコスメにも寿命があるように、メイク道具にも“限界”はあるものです。

いくら洗っていても、交換しなければならない時は必ずやってきます。同じアイテムを何年も使っているそこのあなた!要注意ですよ。

 

メイク道具の寿命は……

私たちが愛用するメイク道具の寿命ですが、「開封後○年」といった明確な決まりはありません。コスメ本体と違って生ものではないため、使用頻度や使い方、お手入れによって寿命は変化していきます。

例えばチークやフェイスパウダーを顔にのせる際に欠かせないのはメイクブラシ。使用頻度も高く、中には持ち歩いている人もいるでしょう。よく使う=傷みやすいため、毛先が広がる、毛が抜ける、肌触りが悪くなった、コスメがうまく付着しない時は替え時。そのまま使い続けるとメイクもうまくいきませんし、肌へのダメージへと繋がってしまいますよ。

 

パフやリップブラシなども同様です。パウダーがつかない、リップを綺麗に塗れなくなったら変えましょう。

 

メイク道具の寿命を延ばすには

いくら値段の高いアイテムを使っても、使用頻度が低くても、お手入れを雑にすればあっという間に状態は悪化します。特に筆類はとても繊細ですし、雑菌や汚れが蓄積しやすいもの。たまにメイク道具を何年も洗っていない話を聞きますが、一体どのくらい雑菌が繁殖しているのか……。考えるだけでも恐ろしいと思いませんか?

 

それを防ぐためにも、必ず週1~2回は専用のリムーバーなどで洗浄しましょう。放置しておけば不潔なほか、メイクのりも悪くなります。きちんと手入れをすれば寿命を延ばせるので、細部にまで気を配ってくださいね。

TOP