株式会社B-plusロゴ

ベビーオイルを効果的に活用しよう

HOME > ベビーオイルを効果的に活用しよう

ベビーオイルを効果的に活用しよう

美容マニアのたかなし亜妖です。ドラッグストアで売られているベビーオイルは、安価かつ手軽に保湿ができる優秀アイテム。冬場の乾燥には欠かせず、特に全身がカサつきやすい人こそ活用してほしいものです。

ただ体に塗るだけでなく、実は色々な使い方があることをご存知でしょうか?効果的に活用してカサカサ&粉拭きの乾燥肌とサヨナラしましょう!

 

ベビーオイルバスタイム&お風呂上りに使う

ただ塗っただけでも十分な効果は得られますが、よりベビーオイルのパワーを実感したいのならお風呂上りに濡れた肌へ直接つけるのがおすすめ。タオルで水分をふき取ってしまう前に塗布すると、放出されてしまう水分・油分を保護してくれるため、保湿力がアップするのだそう!オイルが肌の内側に必要なものをぎゅっと閉じ込めてくれる、そんなイメージでしょうか。

ついついお風呂上りはすぐタオルを手に取ってしまいますが、その前にベビーオイルを塗る習慣をクセづけてみて。

 

まだ超乾燥肌の女性におすすめなのが「ベビーオイル風呂」。溜めた浴槽の中に1~2プッシュ入れるだけで簡単に保湿力の高い入浴剤へと早変わりします。浴槽に浸かっている時からお肌のしっとり感が味わえ、お風呂上りの渇きも軽減されますよ。ただし入れれば入れるほど良いわけではないので、少量を上手に使っていくのがコツです。

 

こんなところにも◎ベビーオイルで乾燥知らずのしっとりお肌へ

唇がひび割れてしまったり、皮むけが酷かったりするときもベビーオイルの出番。冬場はカサカサ唇を放置しておくと裂けてしまうこともありますから、できれば保湿力の高いアイテムで防ぎたいもの。綿棒を使いながら塗っていくことで、すぐに潤いがチャージされます。寝る前のケアにも良いですね。

 

そして髪の毛の保湿剤として活躍することも忘れてはなりません!先ほどの「濡れた肌に使う」原理と同じで、濡れた髪へ塗布→ドライヤーをあてることで、水分と油分のキープに一役買ってくれるんです。つけすぎるとベタベタになり、オイリーな質感が出てしまうので量を調節しましょう。

TOP