株式会社B-plusロゴ

マスク着用の肌荒れに注意

HOME > マスク着用の肌荒れに注意

マスク着用の肌荒れに注意

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。コロナウイルスが落ち着くまでマスク着用は今後も避けられません。ですがマスクは夏場暑い、素材によっては息が苦しい、そして肌が荒れるなどのトラブルも引き起こすため十分気を付けなくてはなりません。

特にマスクはフェイスラインのニキビを発生させやすくなるため、肌が荒れないように心がけましょう。

 

なぜマスクで肌が荒れる?

マスクで肌が荒れてしまうのは素材が肌に合わず刺激となっているケースが考えられます。布ではない不織布タイプは使い捨てができてとても便利ですが、実は刺激になりやすい素材。不織布マスクを使い続けてアゴニキビなどが酷くなった人は、布など素材を切り替えてみましょう。

また装着し続けることにより、マスク内の湿度もぐんと上がってしまうのだとか。雑菌が繁殖しやすい環境となってしまうので肌が荒れてしまうのですね。元々ニキビができていた方は悪化もしやすいので、患部にニキビパッチをつけるなどの工夫をしましょう。

 

マスクを着け続けると刺激も増え、肌を守る機能が一時的に低下してしまうのです。とは言え、外で外すわけにはいかないので日ごろのスキンケアが重要となってきます。

 

自宅では装着しないなどの工夫を

現状マスクをしない生活をするのは厳しいので、自宅ではなるべく装着しない、布マスクは定期的に洗うなど細かい部分に気を払いましょう。できれば布マスクは毎日洗うほうが清潔な状態を保つことができます。女性の方は化粧がマスクについてしまうので、洗わずに使い続けると雑菌まみれに・・・!これが肌荒れを引き起こす原因にもなりますよ。

 

そして通気性の良いタイプを選ぶのも◎熱がこもって肌が荒れるタイプの人はエアリズムなどを選ぶと荒れづらくなります。今後もコロナウイルスの影響は続くので、マスクと上手に付き合っていきましょう。

TOP
×