株式会社B-plusロゴ

今こそ免疫力をあげてウィルス対策にも美容にも!免疫力をアップする方法Part②

HOME > 今こそ免疫力をあげてウィルス対策にも美容にも!免疫力をアップする方法Part②

今こそ免疫力をあげてウィルス対策にも美容にも!免疫力をアップする方法Part②

新型コロナウィルス対策にも美容や健康対策にも!免疫力ダウンに要注意!

前回お伝えした通り、20歳以降になると少しづつ免疫力が下がってしまうことで、美容や健康にとって様々な影響が出てきてしまいます。

季節の変わり目などでは、免疫力が落ちてしまうと、体調を崩してしまったり、疲労感が抜けない、風邪をひいてしまっ た・・・などの様々な影響が出てしまいます。

以前よりも風邪を弾きやすくなったり、かぜが治りにくくなっていたり、睡眠の質が悪くなっていたり、寝つきが悪くなったり、冷えがひどくなったなどの経験はありませんか?

体が不調になりやすいのは「免疫力」が低下しているのかもしれません。 私たちの身体には、外部から侵入したウイルスを退治してくれる免疫細胞が備わっているため健康で元気に過ご せています。

今回は、私たちの体を守る「免疫力」が低下してしまう原因を探っていきます。

免疫力が低下するとどうなるのか?

免疫力が下がってしまったり落ちることで、様々な影響が出るのですが、免疫力は、携帯電話の充電に似ています。充電が十分あれば、電池切れを心配することなく携帯電話を使えるように、風邪やガンを心配して毎日を生活する必要はありません。

しかし、徐々に電池が減ってくると携帯電話をいつまで使えるか心配になるように、風邪をひいたり、ガンなどの病気になることが心配になってきます。そして、携帯電話の電池が切れるように、免疫力が低下すると病気になり、寝込んでしまうことがあります。

その電池が切れて、免疫力が低下したときに起こる症状は様々です。例えば、お腹が減ってイライラする人、元気が無くなる人、やる気がなくなる人など。また、免疫は肉体的な負担や精神的な負担を和らげるように働くので、免疫力がないと疲れやすく、病気がちになったり、月経が不順になったり、精神を病んでしまうなどの症状が起こります。健康で元気な毎日を過ごすためにも、免疫力を上げておく必要があります。

―病気にならないように守ってくれる免疫力。20代、30代の女性の日常生活で、そんな免疫力を低下させてしまう原因は?

働き盛りの20代、30代は、人生の中で肉体的にも精神的にも最も活動的な時期です。病気のことなど忘れてしまっているかもしれません。しかし、ちょっとした生活習慣が免疫力を低下させている危険性があります。

衣食住に分けて考えてみましょう。

TOP
×