株式会社B-plusロゴ

今何かと話題の”MCTオイル”その効果と効能

HOME > 今何かと話題の”MCTオイル”その効果と効能

今何かと話題の”MCTオイル”その効果と効能

 

 

オイルは美容にも健康にも必要不可欠

油・オイル(脂肪)といえば、「摂り過ぎると太りそう」「体に悪そう」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに摂り過ぎれば肥満などの病気を招き、生活習慣病の原因にもなりますが、油を控え過ぎることも、免疫力が低下したり、肌が乾燥しやすくなったりといった悪影響もあるものなのです。しかし健康や美容のためには、油も適度に摂取する必要があります。様々な種類の油を適切に選んで摂取して、美容と健康に役立てましょう!

昔から美容では”オイル”何かと役立つアイテムで、ココナッツオイルやモロッカンオイル、アルガンオイルなど、様々な美容オイルがあります。中でも最近話題なのが”MCTオイル”です。ケトジェニックダイエット(糖質制限ダイエット)をされている方や健康志向の方はご存知の方も多いかと思います。

 

ダイエットに適しているオイル”MCTオイル”とは

さて、今回の美容と健康に関するオイルは”ダイエット”に関するオイルに関してです。

 

皆さんは”MCTオイル”をご存知ですか?CMなどでみたことがある方もいるかもしれません。そもそも美容とオイルは相性がよく、様々な化粧品やヘアケア関連商品、エステ関係などでもオイルは大活躍で、人間の体にとっても、オイルは必要不可欠な成分です。実は、人間の脳組織は65%が油なのです!人間の体の内側も外側も、オイルは人間にとって欠かせない成分なのです。

 

MCオイルとは、MCT(Medium Chain Triglyceride)、中鎖脂肪酸油。のことを言います。ココナッツやパームなど、ヤシ科植物の種子核に含まれる天然成分で、一般的な植物油に含まれるリノール酸などと同じ、”脂肪酸”とよばれるものです。MCTオイルは、病院では昔から使われているオイルで、腎臓に負担のかかっている患者様の食事を作るときによく使われています。摂取してからすぐエネルギーになりやすい=体脂肪として身体に残らないので、ダイエット向きと言われています。

 

ダイエットといえば、どうしても油を減らしがちになってしまいますが、油は体の潤いを守り、潤滑油としての働きを担う重要な栄養素です。また、極端なカロリー制限をすることで、空腹でイライラしてしまったり、頭が働かなくなってしまったり、筋力が落ちてしまうなどの体の不調になることもあります。

また、健康被害だけでなく、肌がカサカサしてきたり、髪の毛が軋んできたり、肌や髪の毛など美容の面でも悪影響が出ることがあります。カロリーだけに気を取られず、バランスよく脂質も摂取することが大切です。

”MCTオイル”は、消化・吸収・分解が、他の油よりもスピーディなので、エネルギーだけを効率よく得られます。体脂肪として蓄積しにくいオイルなので、ダイエットをはじめとする食事制限や、ダイエット時のエネルギー補給に最適なのです。

そして、MCTオイルは他の油よりも約4倍早く消化吸収することができ、素早くエネルギーに変わるので、体脂肪としてためこむことなく、エネルギーをしっかり摂取できます。トレーニング前は食事に混ぜる、プロテインドリンクやスムージーなどのドリンクに混ぜて飲んだりなどの摂取方法が、味も気にならなくなるのでおすすめです。

実は、良質な脂肪を摂れば、脳は「甘い物がほしい!」とか「炭水化物をたべたい!」とならなくなり、血糖値が安定し集中力が増すのだそうです!良質なオイルならむしろきちんと摂取することが、逆にダイエットに繋がることになると言うことでした。美は、外側からだけのアプローチだけでなく、内側からの”インナービューティ”もケアしてあげることが大切です。

 

おすすめなMCTオイルの摂り方

MCTオイルは、美容や健康に敏感な方達に人気の有名な本にもあるように、朝食のコーヒーで入れるのが効果的とされています。先述のスムージーやプロテインドリンクも味が気にならなくなるのでいいです。何にでも入れれる使いやすさもポイントです。

グラスフェッドバター(放牧牛のみで作られたバター)も一緒に摂取することも健康効果的におすすめです。

 

ダイエットはカロリーを抑えればいいわけではない

今様々なダイエット方法はありますが、どんなスタイルでやるにしても、必要なものはきちんと摂ることが大切です。MCTオイルは一見油なので抵抗があるかもしれませんが、最終的に、きちんと必要な栄養分は残してダイエットすることができ、さらに食欲や糖分欲も抑えるので、結果的に無駄なものを食べなくなるので効率よくダイエットができます。ダイエットを考えている方はぜひ参考にされてみてくださいね。

 

TOP