株式会社B-plusロゴ

“保湿しすぎ”がNGな理由とは

HOME > “保湿しすぎ”がNGな理由とは

“保湿しすぎ”がNGな理由とは

美容マニアのたかなし亜妖です。お肌をすこやかに保つためには保湿が必要不可欠ですが、実は“保湿しすぎ”も良くないんです。肌のベタつきや突っ張り感など、うるおい不足が原因でトラブルを引き起こすケースも多いでしょう。しかしそこでクリームをべったりと塗りこむのはダメ!

やりすぎが逆効果となり、肌荒れやキメの粗さを助長させているのかもしれません。何事もほどほどに、そして適切な量を使うことが大切ですよ。

 

保湿しすぎると何が起きるのか

乾燥していると化粧水を重ね付けしたり、クリームをたっぷりと塗りたくなってしまいますよね。けれども保湿をしすぎると肌がベタベタになり、必要以上の油分を与えることとなってしまいます。通常、皮膚というのは程よい水分と油分のバランスがあって成り立っているのです。そのバランスを自ら壊してしまえば、肌が荒れるのは当然のこと!

油分が多ければニキビができやすくなり、毛穴の詰まりも目立ちます。やたらと毛穴が開いている、小鼻の黒ずみが目立つ場合は、保湿をしすぎて汚れが溜まってしまっているのかもしれません。肌の赤みが取れない、ニキビがなかなか治らない場合も、これらが原因となっている可能性大です。

 

適切な量を確かめる方法

ついつい付けすぎてしまう人は、適切な量を使うように心がけましょう。

例えば保湿化粧水×2種類、保湿クリーム2種類、などをたっぷりつけるのは過剰保湿に該当します。馬油×ワセリンなどをする必要はなく、特に保湿効果の高いものは1種類で構わないのです。

顔が異様にテカテカ、触ってベタベタするほどつける必要はありません。化粧水は洗顔後にたっぷりと手で馴染ませ、クリームや乳液は気持ち控えめくらいで大丈夫。気になって塗りこんでしまう、使用量を増やしたくなる気持ちも分かりますが、やりすぎは肌荒れの元。スキンケアを行っているのに綺麗な肌が手に入らない場合は、ぜひ見直してみましょう。

TOP