株式会社B-plusロゴ

冬の電気毛布にご用心

HOME > 冬の電気毛布にご用心

冬の電気毛布にご用心

美容マニアのたかなし亜妖です。気温が急に下がり、急いで冬支度を始めた人も多いのではないでしょうか。普段着や寝具を冬仕様にチェンジ、体調管理をしっかりと行い、体を整えておきましょう。

朝や夜は冷え込む時期のため、「毛布を出した」という声も聞きます。もちろん睡眠時の防寒は必要ですが、気を付けて欲しいのは電気毛布。使い方を誤るとかえって体調不良を招いてしまいますので、冬場は特に注意してくださいね。

 

電気毛布をつけっぱなしで寝るのはダメ

寝る時に足や体が冷えて、ついつい電気毛布のスイッチをつけたまま寝てしまうことはありませんか?布団がホカホカしているとリラックスでき、確かに寝つきも良くなるのですが……。実はあまり体に良いことではないのです。

 

入眠時は心地よくても、途中で暑くて目が覚める、寝汗をかく、掛け布団をどけてしまうようなことがあれば、決して質の高い眠りとは言えません。むしろ電気毛布によって快眠から遠ざかってしまっているので、どんなに早く寝ても疲れが取れない可能性も高いでしょう。

なんだか起き抜けがダルい、すっきり目覚められない、いつまでも布団から出られない場合は危険信号ですよ。

 

また熱を加え続ければ空気も乾燥するため、せっかく保湿した肌や髪の毛の水分が奪われてしまうことに!体内から乾けば脱水症状の恐れもありますよ。電気毛布をつけたまま寝るのは美容にも体にも悪影響を及ぼすため今すぐにやめましょう。

 

電気毛布はどう使う?

電気毛布のベストな使い方は、「寝るまでにベッドを温めておく」です。事前にスイッチをオンにすれば入った時にヒンヤリとした感触もなく、快適な入眠効果が得られるでしょう。そしてベッドに入ったら必ず電源を落とすること。そうすることで睡眠時には徐々に温度も下がり、暑い、寝汗をかく、脱水症状などを防げるのです。

 

寒くて途中で目覚めるのが不安な場合は冬用の敷布団や掛布団、着るパジャマを工夫してください。電気毛布に頼って薄手のパジャマや夏用の布団を使い続けるのは良くありません。電化製品に頼りきりだと体のコントロール力も落ちますので、より一層寒く思えてしまうはず。体温調節がしやすい環境を自分で作り、冬を乗り切りましょうね!

TOP