株式会社B-plusロゴ

化粧水が浸透しない時は、つけ方と角質に注目してみよう

HOME > 化粧水が浸透しない時は、つけ方と角質に注目してみよう

化粧水が浸透しない時は、つけ方と角質に注目してみよう

美容マニアのたかなし亜妖です。乾燥が気になると、化粧水を塗っても肌に浸透していない気がしますよね。いくらつけても肌がゴワゴワする、表面ではじかれているような感覚を覚える場合は、まずつけ方からの見直しを。いくら良いアイテムを持っていても使いこなさねば意味がありません。

またパックをしても何度重ね塗りをしてもイマイチな場合は、角質が溜まってしまっているかも!スキンケアでコンディションを整えて、ぷるぷるのお肌を目指しましょう。

 

化粧水、どうつけてる?

みなさんは化粧水をどうつけていますか?コットンに含ませてから使う、手のひらで押し込むなど様々な方法がありますが、大切のはほんの少しの刺激。お肌は優しく刺激を与えることで化粧水や美容液がぐんぐんしみ込んでいきます。よく「コットンパッティング」と耳にするかと思いますが、あれも刺激を加えながら浸透させていく方法です。決して強い力で行うのではなく、ほんのわずかな力をかけるのがコツ。

手で付ける派ならピアノを弾くように指を動かすと、良い感じに刺激を与えられます。ついつい力が入りすぎて怖い人は中指~小指辺りを使うのが◎この方法を使うと気になっていた乾燥やゴワつきも改善されやすくなります。

 

角質が溜まっているのなら……

パッティングをやっても改善しない、いつも化粧水が弾かれている感じがするのなら、お肌の角質が厚くなってしまっているのかもしれません。古くなった毛穴の詰まりが関係していることも多いので、ベルモンド・ピュアスキンをメイクオフの際に使ってみましょう。超音波の力で汚れを取り除きます。

化粧水を浸透させる機能も搭載していますので、先ほどのパッティングが上手にできない場合にも使える優秀アイテムですよ!あまりに角質が溜まっている場合はハーブピーリングやハイドラフェイシャル、サロンで毛穴洗浄を行うのも手です。

TOP