株式会社B-plusロゴ

化粧水は手orコットン、どちらでつけますか?

HOME > 化粧水は手orコットン、どちらでつけますか?

化粧水は手orコットン、どちらでつけますか?

美容マニアのたかなし亜妖です。化粧水は手orコットン派に分かれると思いますが、皆さんはどちらでしょうか?「手の方が奥に浸透する!」や「コットンの方が清潔!」といった意見を聞くと、どちらが良いのか迷ってしまいますよね。

実は正解がどちらと断言できるものではありません。お肌の状態などによって使い方を分けることによって、それぞれの効果が十分に発揮できるのです。

 

コットンの良さ

コットンの良さは何よりも清潔さを保てること。本体に化粧水を行き渡らせればこぼれることなく使えるので、ムダがないのもメリットと言えますね。細かい部分にも当てやすいことから、顔にしっかりと化粧水を浸透させることも可能です。

そして繊維質によって角質を取り除く力もあるのだとか!肌のくすみが気になる人はぜひお試しくださいね。ただし敏感肌や肌トラブル(大きなニキビなど)が発生している場合だと、コットンが刺激となるので避使用を避けましょう。

 

手の良さ

手で付けると肌への刺激が抑えられるので、敏感肌さんやトラブルが発生しやすい肌質の方は非常におすすめな方法です。直接肌と肌が触れ合うので、柔らかさやスベスベ感など状態をすぐに把握できるのもメリットの一つ。コットンに比べれば摩擦が非常に少ないので、優しく化粧水をつけられますよ。

けれども注意したいのは衛生面。お風呂上りや洗顔後すぐつけるのなら構いませんが、色々なところを触ったうえでケアしてしまうと雑菌の恐れが。また手でパッティングをしすぎるとついつい力が入りすぎてしまうので、あまりおすすめできません。化粧水をつけた後はハンドプレスで押さえましょう。

TOP
×