株式会社B-plusロゴ

口腔内や腸に潜む、恐ろしいバイオフィルムとは?

HOME > 口腔内や腸に潜む、恐ろしいバイオフィルムとは?

口腔内や腸に潜む、恐ろしいバイオフィルムとは?

美容マニアのたかなし亜妖です。みなさんは「バイオフィルム」という言葉をご存知でしょうか?これは複数の細菌が合わさってしまい、膜状になってしまうことを指します。考えるだけでも恐ろしいのですが、実は口腔内や腸内にとてもできやすいのです。ちょっとした体の不調や口腔内の清潔さが保てない場合は、バイオフィルムが影響しているかもしれません。

 

バイオフィルムについて

複数の細菌が合わさって集合したバイオフィルム。なぜこのフィルムを作ってしまうかと言うと、細菌にとっての敵(薬剤や免疫反応など)からの攻撃を防ぐためです。突然できるものではなく、徐々に時間をかけて作られていくため、放置しておくととんでもないフィルムが完成してしまうんですね。

膜と聞いてもイマイチピンときませんが、排水溝のヌメりを思い浮かべてください。実はあれも「バイオフィルム」なんです!粘度が強いと水だけでは落ちず、ハイターで徹底除菌をしないとならないですよね。あれが口腔内や腸内にできてしまうのですから、どんなに怖い事かは想像がつくかと思います。また、たまりきってしまうと除去にも時間がかかるんです……。

歯周病や頻発する虫歯、歯の表面がヌルヌルする、腸カンジダのような症状が起きたら、あなたのカラダにはバイオフィルムが多数作り出されているかもしれません。

 

バイオフィルムを除去するには

歯の場合はホームケアだけでは済まないことが多いため、デンタルクリニックにて相談するのがベスト。すでに歯周病などの症状がある場合は、並行して除去していきましょう。そもそも口腔内の清潔を保つためにも、しっかりと歯磨きをする、マウスウォッシュを併せて使う、定期的な歯のクリーニングやケアを怠らないことが大切です。定期健診には必ず行ってくださいね。

そして腸の場合はなかなか厄介なもので、薬ではどうにもなりません。オレガノやローズマリーを含んだハーブ系のサプリメントや、消化酵素を利用して除去していきます。大抵バイオフィルムがあると腸カンジダを併発しているので、根気強さが必要となってくるでしょう。バイオフィルムがはがれると便の中に白い塊が混じりやすくなってくるため、目で見て分かるかと思います。日頃から腸内環境を整えておけるようにしておくと良いですね。

TOP