株式会社B-plusロゴ

在宅勤務で運動不足!筋力を鍛えるならピラティスがおすすめです

HOME > 在宅勤務で運動不足!筋力を鍛えるならピラティスがおすすめです

在宅勤務で運動不足!筋力を鍛えるならピラティスがおすすめです

美容マニアのたかなし亜妖です。コロナウイルスによる影響で、すっかりお家にいることが普通になってしまいましたね。この1年で運動不足になり、体力の低下を今になって感じている人が大勢いるそうです。気づけば階段を使うのが億劫になっていた、スマホをごろ寝して見る時間が増えたなど、“おこもり”の弊害は様々な部分で現れているはず。

確かに自粛は大切なことですが、あまりに体を動かさないとあっという間に筋力不足になってしまいますよ。危機を感じているそこのあなた、ぜひピラティスに挑戦してみませんか?インナーマッスルを鍛えて筋力アップを目指しましょう。

 

在宅勤務でバキバキになった体を、ピラティスで正す!

8時間近く座りっぱなし、延々とパソコンをいじっていれば、背中や肩、首などがガッチガチになるのも無理はありません。ただし状態が悪いまま放置すれば正しい姿勢を忘れ、骨盤もズレていってしまいます。体を動かさない分、筋肉も落ちてしまうでしょう。

ピラティスは体の中心部にあるインナーマッスルを鍛えます。中心軸が整えば正しい姿勢を保つことができ、骨盤のズレや歪み、反り腰の予防にも効果があるんですよ。

  • 上半身は痩せているのに下腹だけポッコリ
  • 腰痛・肩凝り・巻き肩が酷い
  • 前ももだけやたらと張っている
  • すぐ疲れる

これらに該当する場合は、インナーマッスルが弱り切っているかもしれません。座りっぱなしだと特に衰えやすいため今のうちからしっかり対策を行って下さい。

 

ピラティスは運動がニガテでも大丈夫?

元々運動が得意でない人からすれば、ボディメイクを始めるのに不安を覚えることでしょう。しかしピラティスは激しく動かず、じっくりと筋肉へアプローチしていくので、運動が苦手でも大丈夫。柔軟性も徐々に現れてきますから、初心者のうちは体が硬くても問題はないのです。継続するうちに体が動くようになり、可動域もどんどん広がっていくもの!

ただしきちんと結果に繋げたい、呼吸法などを基礎から学びたいのなら、独学よりもスタジオでレッスンを受ける方がオススメ。時間がない時はYouTubeなどを観るのも良いですが、間違ったまま変なクセをつけてしまうと、的確な効果を得られないからです。

TOP