株式会社B-plusロゴ

夏でも乾燥肌に要注意!

HOME > 夏でも乾燥肌に要注意!

夏でも乾燥肌に要注意!

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。

夏と言えば気になるのは皮脂のベタつき。つい顔が脂っぽくなってしまうため、何度も顔を洗いたくなったり、さっぱり系の化粧水をつけたくなったり……。乳液はベタベタするから夏場は省く!という人も多いですね。

ですが夏場は紫外線や冷房による乾燥を気にしなくてはなりません。肌の大きなダメージとなるので、化粧水だけでは足りず、しっかりとした保湿が必要です。

 

インナードライって?

顔が皮脂でベタベタしているのにも関わらず、肌の内側では乾燥している状態……これをインナードライと呼びます。「隠れ乾燥」と言い表しても良いですね。

一見顔が脂っぽい、テカテカしているため「自分はオイリー肌だ」と思い、さっぱりタイプのスキンケアを使い続けてしまうのです。実は内側の角層が乾燥しているため、保湿をしっかりとしなくてはならないのですが……「思い込み」により、間違ったケアでより状態を悪化させてしまうのだとか。

 

インナードライはこうした間違ったケアや、ストレス、睡眠不足などで引き起こされてしまいます。特に夏場は顔がベタつきやすいので、ついついケアに手を抜きがち。乳液やクリームを省くなんてことはせず、一年通してしっかりとうるおいを与えることが大切です。

 

メイク落としに注意!

肌が乾燥しやすい人は、まずメイク落としにご注意を。よく落ちるからといってオイルクレンジングを愛用しているケースも多いですが、洗浄力が強すぎるために、必要な皮脂まで落としてしまうことも。オイルクレンジングを使用して肌がつっぱる場合は、ダメージを受けているも同然です。

 

乾燥肌ならジェルクレンジングミルククレンジングに切り替えて、肌のうるおいを守りましょう。オイルほどの洗浄力はありませんが、よほど濃いメイクでなければ落ちますので安心して下さいね。

更に気になる人は、クリームタイプが良いでしょう。クリームなら程よい油分でメイクが落ちやすく、保湿効果も期待できます。乾燥肌を悪化させないよう、基礎化粧品から見直すことが大切です。

TOP
×