株式会社B-plusロゴ

夏場の化粧水で肌がべたつく!それでも保湿をやめない方が良い理由って?

HOME > 夏場の化粧水で肌がべたつく!それでも保湿をやめない方が良い理由って?

夏場の化粧水で肌がべたつく!それでも保湿をやめない方が良い理由って?

美容マニアのたかなし亜妖です。夏場はお肌がべたつくイヤ~な季節。化粧水をつけてベタベタするのが嫌だからといって、何もつけずに1日を過ごす人もいます。他にも化粧水だけで乳液は使わない、少量の化粧水だけをちびっとつける・・・などなど、みなさん夏のスキンケアにはなかなか苦戦しているご様子。

肌のべたつきを感じる人ほど、保湿には気を配らねばなりません。夏だから化粧水だけ、何もつけないでいるだけ、では逆効果になるんだとか……!?夏でも冬場と同様に、入念なケアを心がけましょう。

 

化粧水だけではダメな理由

冬だけ乳液やクリームを使い、暑い時期はケアを省く人がいます。洗顔後はさっぱりと気持ち良いのですが、せっかくあたえたうるおいを閉じ込めなければ蒸発してしまうもの。化粧水だけでは不十分で、最後にフタをするまでがとっても大切なのです。「夏場は空気が乾燥していないから」と思いがちですが、冷房で意外と水分は奪われているんですね。

化粧水だけ→お肌から水分が蒸発→乾燥→皮脂の過剰分ビつでベタつく、この負のループにハマっている女性多数!べたつきの原因を自分で招いてしまっているため、面倒臭がらずにケアをしましょう。また何もつけない派も同様です。顔を洗っただけではお肌がカラカラになってしまいますよ。化粧水や乳液の感覚が嫌ならさっぱりとしたタイプを使うなど工夫を凝らしてみてください。

 

脂性肌の場合はどうする?

とは言っても、お肌のタイプは人それぞれですから、全員が全員べったりと化粧水や乳液を使えばいいものではありません。特に脂性肌の場合はベタベタしやすいので、乳液を塗った後に不快感を覚えることも多いです。皮脂が多いのなら保湿をしつつ、使用量を減らしてください。そして高保湿のアイテムを夏場に使用するのはやめましょう。

化粧水と乳液は全タイプ共通してマストアイテムですが、しっとり・さっぱりなどは自身の状態によって選ぶと失敗がないですよ。

TOP