株式会社B-plusロゴ

寒い日に活躍するホッカイロ、貼り方や低温やけどにはご注意を

HOME > 寒い日に活躍するホッカイロ、貼り方や低温やけどにはご注意を

寒い日に活躍するホッカイロ、貼り方や低温やけどにはご注意を

美容マニアのたかなし亜妖です。冷えは女性の大敵ですから、寒くなってきた時はホッカイロの出番です。中でも貼るタイプはレジャー、ちょっとしたお出かけ、デイリー使いにも人気で、毎年冬になると常備している方も多いのではないでしょうか?筆者も寒い日には貼るホッカイロがとにかく手放せません!

 

毎年何気なく使っているかもしれませんが、実は貼るのに適している場所というのがあるんです。低温やけどに注意しながら正しく使用していきましょう。

 

ホッカイロはどこに貼るのが一番効果的か

粘着力も強く、好きな場所へ貼れるシールタイプのホッカイロ。あなたはいつもどこに貼っていますか?何気なくお腹や腰を選んでいるかもしれませんが、全身を温めるのならその2つはマストです!特にお腹が温まることで体の芯から熱を感じられるため、冷やしたくない場合はおすすめのパーツです。

 

気温が低く、カイロ一枚ではしのげないほど寒い時は背中や首の近くに1枚プラスするのも◎より温かみが感じられ、冷え防止に繋がります。ただし何枚も貼りすぎるとかえって熱くなってしまい、汗をかいて体が冷える・・・と逆効果になるのでご注意を。よほど長時間外へ出ていない限りはカイロに頼り切るのではなく、インナーやアウターなどで調節をしてくださいね。

 

カイロによる低温やけどを防ぐには

貼るタイプのカイロを使っていてお肌がかゆくなった経験はありませんか?それは低温やけどの症状であり、危険な状態なのでそのまま使用を続けるのは絶対に避けること。無理をして連続使用をすれば悪化してしまう可能性があるからです。

温かいからといって肌へ直接貼るなどはNGで、必ず衣類の上から使用をしてください。また薄いインナーでは素肌に直であてているのと変わらないため、それが原因でやけどを引き起こしてしまうケースも・・・。冬物のインナーなら問題はないと思いますが、薄手のものは十分に注意を払いましょうね。

 

一箇所にあて続けない、というのも低温やけどの防止策となりますから、カイロを貼ったまま寝るという行為も避けるべきです。なるべく日中に活用し、就寝時は湯たんぽや温かい毛布での防寒をおすすめしています。

TOP