株式会社B-plusロゴ

寝る時の靴下着用は良い?悪い?

HOME > 寝る時の靴下着用は良い?悪い?

寝る時の靴下着用は良い?悪い?

美容マニアのたかなし亜妖です。みなさんは就寝時に靴下を履いているでしょうか?足先が冷えやすい人は夏場でも履くことが普通だと思います。足元が暖かいと眠りにつきやすくなるのですが、実は靴下によって快眠を妨げることも。けれども冷えたままでは途中で起きてしまうなど、不快な状態を招きやすいのも事実です。

では靴下がないと眠れない冷え性さんの場合、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

 

寝る時の靴下着用がなぜ体に良くないのか?

靴下を履けば当然足先が温まるため、冷えて眠れない状態から回避することができます。冷え対策は確かにバッチリなものの、足の裏が覆われたままというのが実は問題なんだそう。なぜなら寝ている時、人間は足の裏から熱を放出しているので、靴下によって妨げられてしまうから!足を暖め過ぎるとより放出する熱の量が増えてしまい、余計に体が冷える要因を招きます。

冷え性さんが温活のために行っていたことが、逆効果になっているなんて驚きですね。

 

まずは足首を温めよう

しかし足先が冷たいままでは眠りにつけませんし、寒くて夜中起きてしまうこともあるでしょう。指先までしっかり覆わなければ熱を放出できるほか、足首を冷やさないことで体も温まります。つま先よりも足首を温める方が、全身がポカポカしてくるのをご存知でしたか?

そのため就寝時は靴下ではなくレッグウォーマーが向いています。これなら足首を覆い、つま先は解放されているので睡眠の妨げになりません。もしレッグウォーマーがない場合は、綿100%の通気性が良い靴下を選びましょう。少しでも熱の放出を邪魔しない素材にすれば快眠効果もバツグンです。

TOP