株式会社B-plusロゴ

寝苦しい夜に心地よい眠りを迎える方法

HOME > 寝苦しい夜に心地よい眠りを迎える方法

寝苦しい夜に心地よい眠りを迎える方法

美容マニアのたかなし亜妖です。暑い夏は寝苦しい夜が続き、寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまうなど快適な睡眠を取れていない人が多いです。クーラーをつけないのも、キンキンに部屋を冷やすのも良くないため、なかなか調節が難しいところですよね。

まだまだ暑さは続きますから、少し涼しい日が連続しても油断はできません。夏場の快適な眠りについてご紹介致します。

 

快適に眠るための温度と服装について

昔はよく「クーラーをつけて寝ると体に悪い」と言われていましたが、今やつけないで寝ると熱中症の可能性もあるため危険です。18度や20度など、低すぎる室温にならなければ体に良くないといったことはありません。25~27度程度に保ち、寝汗をびっしょりとかかないくらいが望ましいのです。また暑くて途中で目覚めてしまう場合も、室温が高すぎるのかもしれませんね。

 

設定温度に気を付けても不快感を覚えてしまう場合は、寝具や服装に問題が見られるかも……?薄すぎるパジャマなら寒さを覚えますし、1年じゅう同じ掛布団を使っていれば暑いのは当然です。温度に合わせて薄手の長袖を着る、掛布団はタオルケットにするとちょっとした工夫をしてみてください。サイズはゆったりめがちょうどよく、ピッタリとした大きさのものは避けましょう。

 

寝る際にクーラーをつけるときの注意点

先ほど解説しましたが、決して睡眠時にクーラーをつけるのは悪い事ではありません。けれども風が直接当たるように風向を変える、風量を「強」に設定するのはやめましょう。体に冷たい風が直接当たり過ぎると寝冷えの原因となります。

そして冷房機器は乾燥を招くため、髪や肌へのダメージ大!夏場のパサつきヘアはお肌はクーラーによってもたらされているかもしれませんよ。温度だけではなく風向や風量にも注意をはらい、快適な眠りを目指しましょう。

TOP