株式会社B-plusロゴ

小顔矯正、ハイフ、フェイシャルマッサージ……結局のところどれが一番いいのか②

HOME > 小顔矯正、ハイフ、フェイシャルマッサージ……結局のところどれが一番いいのか②

小顔矯正、ハイフ、フェイシャルマッサージ……結局のところどれが一番いいのか②

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。小顔矯正、ハイフ、フェイシャルマッサージ三つを比較してみると、それぞれ違いが見られますよね。全てもたらす効果や目的も異なる部分があるため、自分に合った方法を選びましょう♪

 

フェイシャルマッサージはむくみとりに◎

フェイシャルマッサージと小顔矯正を混合しがちですが、矯正は骨格の歪みを正すことが目的です。フェイシャルマッサージはリンパの流れに沿って顔をマッサージしていくので、むくみ取りにぴったり!血流が良くなる点は矯正と同じですので、たるみやしわ、そして顔のトーンアップにも適しています。

ただし骨格へアプローチするものではないので、エラ張り(咬筋)を緩和させる、頬骨を抑えるなどの効果は期待できないのでご注意ください。どちらかというとフェイシャルマッサージはアンチエイジング目的、と考えると良いでしょう。

 

どれが向いているか考えてみよう

小顔になるための3つの方法を挙げましたが、どれか気になるものはあったでしょうか?

 

頭の歪みや両顎のズレ、頬骨の高さ、エラが気になる、顔が凝っている気がする(動かしづらい)、アゴが重い、頭痛などが起きやすい、目が疲れやすい方は小顔矯正がおすすめです。骨の歪みから引き起こる食いしばりや眼精疲労、首コリなどにぴったりなので、普段スマホやPCから目が離せない方にも良いですね。

特にすトレスで食いしばってしまう場合はエラが凝り固まりがちに。小顔矯正でズレてしまう顎や頬骨もすっきりとしますよ。

 

たるんだ頬やおでこ・目尻・首のシワ、アゴ下のもたつきなど、たるみやシワが気になる方はハイフがおすすめ。サロン用ハイフでも十分に結果は期待できますが、医療用はパワーがケタ違いなので、一回で目覚ましい効果を実感したいなら、クリニックへ行きましょう。ビフォー・アフターを比べると驚いてしまうくらい差がでます。

機械を使うため骨を動かすことはできませんが、皮膚が引きあがり若々しい見た目へと変化するでしょう。アンチエイジング要素が強いので、年齢が上の方は特におすすめようです。

 

顔がむくみやすい、顔色が悪い、くすみやクマが気になる方はフェイシャルマッサージがおすすめ。疲れが顔じゅうに溜まっているからこそ、顔色が良くないのかもしれません。リンパに詰まった老廃物を流してくれるので、終わった後はすっきり。続けることで肌のトーンアップも期待できます。

小顔矯正やコルギほど圧をかけないので、痛みは少ないのですが、ゴリゴリに流してほしい場合は少し物足りないかも?また歪みを整える作用はありません。

 

 

TOP
×