株式会社B-plusロゴ

年齢肌・エイジング肌にはエイジング肌用のスキンケアを!

HOME > 年齢肌・エイジング肌にはエイジング肌用のスキンケアを!

年齢肌・エイジング肌にはエイジング肌用のスキンケアを!

30歳以降の女性には年齢肌に応じた”エイジングケア”を

30代を過ぎた頃から少しづつ気づきはじめる、シミやシワ、たるみなどの肌トラブル。最初はショックを受けてしまいますが、年齢肌は年齢肌に年齢肌に応じた正しいお手入れをすることで、エイジングは遅らせることができる”アンチエイジング”が可能です。

年齢肌というのは一般的に一定の年齢になりだしてから現れ始めるものではありますが、実年齢と違い、肌年齢はアンチエイジングやエイジングケア次第で実年齢よりも若く見せることができる”若見え”が可能になります。

年齢肌には、これまで若い時にしていたような化粧水と乳液を塗るだけのスキンケアだけでは年齢肌には足りないのです。

同じスキンケアをしていても、10~20代の頃はそのスキンケアだけでもよかったのが、30をすぎると何もしていなくても乾燥するようになったり、これまで若い時に浴びてきた紫外線や、メイクを落とさずに寝てしまったり、きちんとメイクを落としていなかったりなどの不摂生が蓄積されてシミやシワになったりしたものが出てくることで、これまでと同じスキンケアではそれらを補えなくなるのです。

ですから年齢を重ねた年齢肌には、年齢肌用のお手入れや特別なスペシャルケアが必要になるのです。

そこで、今回は、年齢肌やエイジング肌に効果的なアンチエイジングやエイジングケアをしていきましょう。

アンチエイジング・エイジングケアを始める前に

◾️エイジングケアとは

エイジングケア」とは、美容業界では、年齢に応じた肌に特化したスキンケア・お手入れと捉えられています。 人間の身体は生きている限り、加齢に伴う変化が避けられませんが、お肌にもまた、年齢を感じさせるような変化が起こってきます。

もちろん個人差はありますが、一般的に30歳前後になると、肌のゴワつき、目尻の細いシワ、小さなシミなど、肌の老化を感じ始める人が多いようです。

エイジングケアと言っても、エイジングによる肌トラブルや肌の悩みは人それぞれで千差万別です。これがエイジングケア!という定義はありません。それぞれ自分自身に合ったエイジングケアをする必要があります。

 

◾️いつからエイジングサインがでるの?

人は、年齢を重ねるにつれて体力とともに肌の機能も衰えてきます。個人差はありますが、だいたい、28歳前後をピークに肌代謝が落ち始め、ハリの元となるコラーゲンの産生量や、保湿機能を司るヒアルロン酸の分泌が減少していくと報告されています。

「明らかな変化は分からないけれど、なんとなく乾燥しやすくなった」「夕方になるとなんだか肌がくすむ」「メイクが乗らなくなってきた」などといった症状が、初期老化のサインと言われます。

◾️どんな風に肌が変化するのか?

20代後半から30代に入ると、肌のシミや目尻の小じわが目立ってきた、ふっくら感がなくなった気がする…、などの変化を感じる機会が増えてきます。

そして、35歳を過ぎたころから明らかに黒くなったシミ、クッキリとブルドックラインのような法令線、肌のしぼみなどが気になるように。ファンデーションのノリが悪くなったり、化粧崩れしやすくなることもあります。

◾️エイジングケアってどんなことをするの?

アンチエイジング・エイジングケアとは、簡単にいうと加齢(エイジング)に応じたお手入れ(ケア)することを言います。

エイジングの原因と言われる紫外線や乾燥を予防すると同時に、エイジングケアに効果的な成分を配合した化粧品を使用したり、サプリメントを摂り入れるのが一般的な方法とされています。

また、バランスのいい食生活や質の良い睡眠を摂るなど、生活習慣も併せて全般的に見直すことも大切とされています。

 

 

 

TOP