株式会社B-plusロゴ

意外と見られているパーツ“手”の老け防止策を学びましょう

HOME > 意外と見られているパーツ“手”の老け防止策を学びましょう

意外と見られているパーツ“手”の老け防止策を学びましょう

美容マニアのたかなし亜妖です。顔がいくらピンッと引き上がっていても、手がシワシワだと「本当はいくつなの?」と思われてしまいがち。せっかく若くとも手の甲のケアを怠り、老けて見られてしまうことも珍しくはありません。毎日たくさんの動作を行うからこそシワもできやすく、乾燥を招きやすいパーツとも言えます。放っておけばシミもでき、あっという間に若々しさもなくなっていくはず!

顔だけではなく、案外見られている手の甲まで気を配りましょう。乾燥を防ぐだけでも十分な効果がありますよ。

 

なぜ手が老けて見えるのか?

だいたいは「ケアを怠るから」という簡単な理由です(笑)ベタつくからといってクリームを塗らなかったり、手を酷使すれば当然シワもシミも、乾燥をも招いてしまいます。カサカサ肌にならないためには保湿が必須で、食器用洗剤など洗浄力の強いものをそのまま皮膚に当てるのはやめましょう。

洗濯物を手洗いする時もそうで、洗剤と「洗う」という動作のWパンチで、手に疲労を与えてしまいますよ。できればゴム手袋でガードし、少しでも刺激を少なくしたいものです。

 

手が老けないためにはどうすればいい?

一番簡単な方法はハンドクリームをこまめに塗ることです。ベタつくのが嫌な人はサラッとしたジェルタイプやソフトタイプを選ぶと、手のひらがベタベタしづらいですよ。うるおいを与えることでハリが出てきやすくなり、シワの防止にもなります。手を洗うたびに必ず塗る癖を身に着ければ乾燥も防げて一石二鳥。値段が高くないもので良いので、こまめに塗ることが大切です。

また色がくすんでいる場合はハンドマッサージを行うのも手。スクラブを週1回程度行うのも良いですし、ハンドクリームを使って自分でもみほぐすのも◎ネイルサロンでもハンドマッサージを行っている店舗は多いので、オプションメニューで使いするのもありですね。血行がよくなり、くすみも解消されていくはずです。

 

TOP