株式会社B-plusロゴ

日中に塗った日焼け止め、ちゃんと落とせていますか?

HOME > 日中に塗った日焼け止め、ちゃんと落とせていますか?

日中に塗った日焼け止め、ちゃんと落とせていますか?

美容マニアのたかなし亜妖です。紫外線が気になる季節は特に日焼け止めをこまめに塗り直すことでしょう。何度も何度も重ね塗りしたものを、きちんと落とせていますか?「お湯で落ちる」とパッケージに書かれていても、決して油断してはなりません。そして顔だけでなく、ボディに塗った場合も気を付けましょう。案外落とし切れていない人が多く、後々の肌トラブルへと発展してしまうこともあります。

 

「お湯で落ちる」は本当にお湯だけで大丈夫?

ミルクタイプやジェルタイプのほとんどは、パッケージに「お湯で落ちます」と記載があるはずです。これらは肌への負担が比較的に少なく、SPFもそこまで高くないアイテムが多いですよね。ベビー用や子供用日焼け止めもミルクタイプをよく見かけることでしょう。

子供でも使えるものはお湯で落ちるので、クレンジングが不要です。ただしお湯だけでサッと流すだけでなく、顔に塗った場合はきちんと洗顔フォームを使って下さい。重ね塗りをした場合も同様です。日焼け止めそのものは落とせても、付着した汚れやホコリはそのままとなってしまいますよ。

またミルクタイプの中には油分が含まれているケースも!その場合はお湯だけだと残ってしまいがちなので、クレンジングの使用がマストです。

 

クレンジングが必要な日焼け止めって?

ジェル、ローション、スプレータイプなどと違い、ウォータープルーフやスティックタイプなど、効力が強めの日焼け止めはクレンジングがマストです。これらはお湯のみでは絶対に落ちないので気を付けてください。特にスティックタイプは最近流行っており、愛用する人も増えているのでしっかりとオフしましょう。基本的に肌負担が多い(油分が配合されている、SPFが高いなど)ものはクレンジングを使うことです。

体に塗った日焼け止めは石鹸で洗い流せば必ず落ちます。ウォータープルーフなどの日焼け止めをつけたまま湯船に入ると、お湯に油分が浮いてきてしまうかも。たっぷりと塗った夏は体を洗ってから浸かってくださいね。

TOP