株式会社B-plusロゴ

日傘の選び方を知っていますか?

HOME > 日傘の選び方を知っていますか?

日傘の選び方を知っていますか?

美容マニアのたかなし亜妖です。梅雨が明ければ夏も本番、レジャーやイベント多数の楽しい季節がやってきますね。外出の頻度が増えれば紫外線の脅威に晒される機会も増えますので、UV対策はしっかりと行いたいもの。多くの女性が愛用する日傘は夏のマストアイテムですが、正しい選び方を知っていますか?

日傘はただ差せばOKというものではありません。完全遮光率やUVカット機能にこだわるなら、選び方を学んでおきましょう。

 

遮光率とUVカット率について

「この2つは同じじゃないの?」といった疑問も多く挙がりますが、実はちょっぴり意味が違うのです。UVカットは紫外線のこと、遮光率とは可視光線のことを指しています。絶対に日焼けをしたくないのなら、この「UVカット」にまず注目せねばなりません。もちろんカット率が高ければ高いほどシミやシワ、日焼けを防げるのです。

そして可視光線から身を守る「遮光率」ですが、これは眩しさ、暑さからあなたを遠ざけてくれる素晴らしい機能です。UVカットだけではなかなか日よけ効果を感じられませんが、この遮光率の高さによって、傘の下で体感できる温度がずいぶんと変わってきます。完全遮光の日傘ほど多少は涼しくなりますので、炎天下でも嬉しい使い心地。ただし外の気温が低ければ当然寒く感じることもあるので、夏以外の使用時は気を付けたいものですね。

 

「日傘の色が日焼けに関係する」はホント?何色をチョイスすべき?

日傘=黒、白のイメージであり、どちらかと言うと黒の方が日光をカットしてくれそうに思えますよね!けれども実際にはカラーがあまり関係なく、きちんとした加工がなされていれば何色でも十分な効果を発揮するのです。最近は柄やデザインにこだわったタイプも多いので、自分が使いたい日傘を選ぶのが一番良いでしょう。

ただし気を付けて欲しいのは「傘の内側」です。いくら上からの紫外線を予防できても、アスファルトの照り返しがカットできていなければ意味がありません。なので内側が黒や紺など暗い色になっているものをオススメします。反して銀や金などは光を跳ね返し、傘の中で肌へ集中してしまうので逆効果になってしまうとか……。

せっかく差すなら徹底的に対策をしたいですからね、ぜひ内側のカラーにも注目してみてください。

TOP