株式会社B-plusロゴ

日焼け止めを季節問わず使う効果について

HOME > 日焼け止めを季節問わず使う効果について

日焼け止めを季節問わず使う効果について

美容マニアのたかなし亜妖です。夏場のみ日焼け止めを使用する、といった女性も多いでしょう。秋~冬頃になるとついつい油断してしまい、紫外線対策を怠ってしまいがち。1年じゅう紫外線は降り注いでいるため、老化防止のためにも毎日必ず塗りたいものです。

今はシミやシワとは無縁でも、ゆくゆくは顔に現れてくる可能性大。すでに悩まされている方はこれ以上増やさないためにも、日焼け止めをしっかり使いましょう。

 

マスクで紫外線対策はできません!

コロナウイルスが流行してからマスクの着用がマストとなりました。「マスクをしているから日焼けしないだろう」と考えている方も多いのですが、紫外線対策ができるアイテムではありません!紫外線はマスクを通過するため、肌を覆っていても日焼けをしてしまうのです。「マスク焼け」なんて言葉がありましたが、紫外線のダメージをカットしてくれる役割がないからなんですね。

マスクをしていても日焼け止めは必須で、更に気を付けたい場合は紫外線カットの素材を使ったマスクを着けてみてください。

 

日焼け止めの選び方

よくSPF50を選ぶ人もいますが、日常生活で長時間太陽に当たらない場合はそこまで強くなくて構いません。SPFが高いほど肌への負担になりますので、50は屋外のレジャー時のみで大丈夫です。

普段の生活では~30程度を選び、顔や腕などにしっかりと塗布します。ただし塗れば塗るほど良いわけではなく、しっかりと適切な量を使うことで効果も発揮され、肌への負担も減ります。

TOP