株式会社B-plusロゴ

更なる美肌を目指すなら、クレンジングを使い分けてみよう

HOME > 更なる美肌を目指すなら、クレンジングを使い分けてみよう

更なる美肌を目指すなら、クレンジングを使い分けてみよう

美容マニアのたかなし亜妖です。多くの方がクレンジングを一種類に絞りながら使っているかと思います。脂性肌だからオイルだけ、乾燥肌だからミルクだけ、など個人のこだわりもありますが、ワンランク上の美肌を目指すならクレンジングを使い分けてみましょう!

その日のメイクの濃さ・薄さなどによって違うアイテムを選ぶ方が肌への負担も少ないのです。毎日同じものではなく、その日の状態に合わせたクレンジングをチョイスしてみてくださいね。

 

ノーメイク、日焼け止めのみの日は・・・

毎日バッチリメイクをせず、お肌のためにもすっぴんで1日過ごすよう心がける女性は多いもの。それでも外気に触れたり、マスクで雑菌がこもりやすくなるため、ノーメイクが薄い日でもクレンジングは必須です。きちんと意識している方はメイク落としの使用をサボりません。

 

けれどもバッチリメイクの際に使うクレンジングと同じでは、少々洗浄力が高すぎます。汚れは確実に取れるものの、必要な水分・油分まで奪われてしまっては意味がありません!

せっかくお肌をきれいにするために行っても、ガサガサの乾燥肌を招いては本末転倒。できれば洗浄力が高すぎないミルクタイプに切り替えてくださいね。

 

ノーメイクだけでなく、メイクが薄めの日にも◎水分をキープしながら落とせるものがおすすめですよ。

 

バッチリメイクの日は・・・

ファンデーションやアイメイクもしっかり、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラ、ティントリップなどを使った日は、オイルクレンジングの出番です。

オイルは乾燥する!肌に良くない!などと言われがちですが、洗浄力はナンバーワン。落ちづらいクレンジングで肌にメイクかすが残ってしまうよりも、一気に落としてしまった方が肌負担はよっぽど少ないでしょう。サッと素早く行い、洗顔後はすぐに保湿をすることが大切です。

 

またベースは薄くてもアイメイクだけ濃い日は、ポイントリムーバーで落とすのもあり。特にマスカラは目元に残りやすいため、不衛生になりがちなパーツです。洗いの腰があると眼病を招く可能性もありますから、専用のアイテムでしっかりとオフしてください。

TOP