株式会社B-plusロゴ

最近よく眠れてない?寝る前のスマホにご用心

HOME > 最近よく眠れてない?寝る前のスマホにご用心

最近よく眠れてない?寝る前のスマホにご用心

美容マニアのたかなし亜妖です。寝る前のスマホは睡眠の質を下げると言われており、快眠を目指すならベッドタイムではリラックスをすることが大切。ついつい寝る寸前までSNSやYouTubeを楽しんでいたいものですが、寝つきが悪くなるほか、疲れが取れない、翌朝のスッキリ感がなくなる原因に。

スマホをいじっていると夜更かしをしてしまいがちなので、そういった点でも睡眠の妨げになってしまいますよ。しっかりと眠り、美を維持するなら悪い習慣は撤廃しましょう!

 

なぜ“寝る前スマホ”がいけないのか?

人間は日の光を浴びると目が覚め、暗くなれば眠くなる性質を持っています。しかしスマホやPC、タブレット、TVなどの強い光を浴びてしまうと、脳味噌が日中と勘違いするのだそう。寝る前にスマホをいじることは脳を覚醒させ、錯覚を起こさせるため眠りの質が下がったり、目が冴えてしまったり、夜更かしをダラダラとしてしまうのですね。

そしてスマホで観ているSNS、YouTube、映画の内容によっては神経も高ぶり、リラックスできなくなってしまうので余計に眠れなくなることも。楽しいことやワクワクすること、笑い転げるような“興奮”を寝る寸前に与えてしまえば、眠気から遠ざかるのも当然です。このようなことから、“寝る前スマホ”は推奨されていません。

 

スマホと上手に付き合い、睡眠の質を向上させるには

できることなら寝る2時間前よりスマホやタブレットなどを触らないのが理想的。……ですが現代人は忙しく、寝る2時間前から手放すのは難しい人も多いでしょう。そんな時は画面を暗くする、ブルーライトカットのメガネをかけるといった対策を行ってみてください。

また部屋の照明もなるべく暗めにし、快適な入眠ができるように工夫しましょう。どうしても白熱灯などの白い光は、人の目を目覚めさせます。寝るときはオレンジ系の照明に切り替え、脳味噌が朝と錯覚しないような環境づくりも大切ですよ。

 

TOP