株式会社B-plusロゴ

梅雨のジメジメに打ち勝つなら、スパイスを取り入れよう

HOME > 梅雨のジメジメに打ち勝つなら、スパイスを取り入れよう

梅雨のジメジメに打ち勝つなら、スパイスを取り入れよう

美容マニアのたかなし亜妖です。今年も早い梅雨入りとなり、毎日ジメジメとした天気が続いています。雨は苦手な人が多く、湿気にやられて体調を崩してしまうケースも珍しくはないでしょう。体調がすぐれない辛さは分かりますが、毎日ダラダラゴロゴロ生活をするわけにはいきませんよね。

毎年やってくる梅雨だからこそ、上手に付き合っていきたいもの。この時期が憂鬱な人は日頃の食事にスパイスを取り入れてみましょう。体の内側から元気を取り戻し、来たる夏へ備え体調を整えてくださいね。

 

湿気にスパイスが良いのはなぜなのか?

雨が降り続くと湿度が上がりますよね。梅雨の時期は体内に水分も溜まりやすく、上手に排出せねば体へ残ったままとなってしまいます。余計な水分は血液の巡りを悪くし、むくみや頭痛を引き起こしがちに。また胃腸の動きも悪くなり、いつも胃が張っている、あるいは喉がつかえる、消えない膨満感に悩まされてしまうことでしょう。ここから食欲が失せ、“夏バテ”へと繋がってしまうのです。

スパイスは遥か昔、薬として使われていました。摂取のしすぎはよくありませんが、程よく口にすることで体へ良い影響を与えてくれます。カレーに含まれるガラムマサラ、クミンや様々な料理に使える黒コショウ、唐辛子粉は、胃の不調改善に効果的。体がだるい、食欲が落ちてきた時こそ意識的に摂りたいスパイスです。

 

梅雨時期に避けたい食べ物たち

アイスクリームやジュース、ゼリーなどは口当たりが良いものの、体を冷やすのでより一層胃腸の働きを鈍らせてしまいます。食欲がない時、ついつい口にしてしまうのですが、暑いからこそ冷たいものばかり食べるのは危険。冷房などもだるさを助長させるのですから、せめて温かいものを選びましょう。外からも内からも冷やすのはまずオススメできません。

またこの時期に胃が重い、スッキリしない時には揚げ物や砂糖をたっぷりと含んだスイーツも避けたいところ。より負担がかかりますので、消化にも時間がかかってしまいますよ。

TOP