株式会社B-plusロゴ

正しいスキンケアのやり方徹底解明!【クレンジング③】

HOME > 正しいスキンケアのやり方徹底解明!【クレンジング③】

正しいスキンケアのやり方徹底解明!【クレンジング③】

アンチエイジングにつながるエイジンングケアには正しいスキンケアが必要!

年齢を感じさせない”美肌”を目指し、後々のアンチエイジングも視野に入れていきたいですよね。高級なエステサロンのトリートメントはとても効果が高いですが、エステサロンに行ったからと言って、自宅でのスキンケアをないがしろにする方がたまにいますが、それでは効果は半減してしまいます。

せっかくプロや最新機械でのトリートメントをしたのなら、その効果をより持続させるためにも、お家での毎日のスキンケアがとても重要で、アンチエイジングをするにも、将来的なエイジングケアを見据えるにしても、お家での毎日のスキンケアがもっとも肝心なのです。

ですからお家でのスキンケアタイムを充実させるのが、アンチエイジングやエイジングケアの効果をより高くするためにももっとも大切な近道なのです。

そなお家でのスキンケア、なんとなくされている方がとても多いのですが、間違ったスキンケアや自分自身に合っていないスキンケアは肌トラブルにも繋がってしまいます。

そこで今回も前回に引き続き、正しいスキンケアのやり方を特集していきます。

クレンジングの種類

◾️クリームクレンジング

洗浄力はオイルタイプに比べると劣りますが、肌の潤いを保ちつつメイクや毛穴汚れを浮かせて落とせる、今もっとも注目されているクレンジングタイプです。クッションのような役割を果たし、肌への摩擦を抑えることができるので、肌に必要な潤いや油分を落としすぎず、肌が乾燥しやすいときなどでも使いやすいアイテムです。

【使い方】
クレンジングクリームを手にとり、少し手の中で温めた後に、顔全体に伸ばしていく。クリームが少し柔らかく感じるようになったら、メイクと良く馴染んで乳化したサイン。ぬるま湯で洗い流し、洗顔を行う。

 

◾️クレンジングシート

シートでメイクを使うことで、メイクを拭き取ることのできるクレンジングシート。疲れてすぐに眠りたいときや、外出先、最近では災害時などの緊急時でも手軽に使えることで改めて人気なクレンジングライプです。デメリットとして、便利で手軽な分肌への摩擦が大きいので、なるべく優しく、ゴシゴシとこするのは控え、普段使いではなく、あくまでも緊急時用にしておきましょう。

【使い方】
目もと・口もとは、20~30秒ほど当てて、馴染ませてから滑らせるように落とす。最初から吹くのではなく、最初はただ肌に当てて、クレンジング液を肌に浸すようにすることで、極力ふく作業を避けることができる。コットンよりも摩擦が大きいので、顔全体をメイクオフするときも、出来るだけ優しく負担がないように全体をふき取る。

 

◾️ポイントメイククレンジング

しっかりメイクや、濃いめのメイクをした日は、全体の通常のクレンジングをする前に、必ずこの、”ポイントメイクリムーバー”で、ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、ティントライプのリップやカラーのリップは部分的に先に落としてしまいましょう。

オイルでも構いませんが、肌全体に使うと、カサつきなどの乾燥の原因にもなってしまうので、ポイントだけにしましょう。

このリムーバーも、いきなり拭き取らず、最初に液を浸したコットンを肌に置いて液を肌に浸すことで、こすり過ぎを防げます。

【使い方】

コットンにポイントメイクリムーバーを浸し、ポイントメイク部分にしばらく置いて浸す。その後引き取り、通常の全体クレンジングを自分お肌質に合ったもので続きのクレンジングを済ませる

クレンジングの際の注意点

1、必ず手を乾かしてからクレンジングをする

濡れた手で使用できる商品もありますが、メイクを落とす効果が薄まる可能性があるので、基本的にクレンジングは乾いた手で行うのがおすすめです。

また、クレンジングの量が少ないときちんと落ちなかったり、摩擦が直に伝わり肌への負担が増えるので、適量を使うようにしましょう。皮脂の多いTゾーンから洗い、次に頬、目や口周りは皮膚が薄いので、一番力の弱い薬指を使って優しくクレンジングしましょう。

 

2、すすぎの際は”ぬるま湯”で

クレンジングをすすぐ際、お湯が熱すぎると、お肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥の原因に。逆に冷た過ぎても毛穴が閉じてしまいきちんとメイクオフできない要因にも。すこしぬるいなと感じるくらいの、30~32度くらいのぬるま湯で洗顔がおすすめです。そうすれば、しっかり汚れが落ちて、その後のスキンケアの浸透力アップ期待できます。

 

3、吹く際は清潔なタオルやティッシュなどで

ゴシゴシとタオルで拭くと、摩擦で肌に負担がかかります。拭くという意識よりも、清潔なタオルをポンポンと当て、水気を吸い取るようが感覚です。毎回清潔なものを使いたいのなら、ティッシュを使うのも清潔でおすすめです

 

正しいスキンケアには、それぞれのステップを全て正しく行う必要があります。まずはクレンジングをしっかりマスターし、その後のステップに続きましょう。次回は【洗顔編】をお送りします。

TOP