株式会社B-plusロゴ

正しいスキンケアのやり方徹底解明!【洗顔編】

HOME > 正しいスキンケアのやり方徹底解明!【洗顔編】

正しいスキンケアのやり方徹底解明!【洗顔編】

正しい洗顔をして正しいスキンケアを

スキンケアは美肌やアンチエイジングを目ざすためには欠かせないステップで、それどころかたまに行く高級エステサロンのトリートメントをすることよりもはるかに大事なステップだったりします。

毎日のスキンケアに関心が弱く、エステや高級化粧品でしか効果が出ないのではないかと思われがちですが、1番重要なのは、”毎日のお家での徹底したスキンケア”が実は美肌を作るポイントなのです。

そこで今回は前回までにお届けしたとおり、美肌やアンチエイジングにもっとも近い”正しいスキンケア”を検証していきます。今回はスキンケアの中の2番目のステップ、「洗顔」について特集します。

 

そもそも洗顔とは

美肌を目指し、肌を美しく健やかに保つためには、まずは化粧品をあれこれ加えるというよりは、肌が本来持っているチカラを引き出すことがもっとも重要です。

肌表面や毛穴に汚れがあると、本来体が持つ肌機能が衰え、高価な化粧水や美容液などのスキンケア製品を使っていたとしても、十分にその効果を発揮することはできません。

肌表面には、あまり目には見えませんが、汗や皮脂・角質などの汚れと、チリやホコリ、排気ガスなどの汚れが付着しています。特に顔は、衣類などに覆われた部分と違い、常に外界にさらされています。

見た目に見えないからと言ってそのまま放置しておくと、雑菌の繁殖や皮脂の酸化により、ニキビや肌荒れなどが起こりやすくなってしまいます。

また、一日中つけていたメイクなども肌に残っていると、それらは”酸化”して肌にとって大きな負担となってしまいます。

肌を元気で健康に、正常に保つには、洗顔でこれらの汚れをきちんと取り除き、肌を清潔に保つことが大切なのです。

朝の洗顔

夜の洗顔は誰もが大切だと考えているとは思いますが、朝の洗顔はどうでしょうか。ただ寝ていただけなのに朝の洗顔は不要だと思われがちです。最近はそう言った観点から”洗顔をしない”などと言った風潮あるようです。

しかし、朝の洗顔も美肌を保つためには必要で重要ななステップです。ただ寝ていただけでも汗をかきますし、皮脂もしっかり分泌されています。

また空気中のホコリなども付着し、意外と汚れはついているものです。そのため、朝もきちんと洗顔をして肌に付着した汚れを落とす必要があります。

メイクをするならなおさらです。汚れをすっきり落とすことでそのあとのスキンケアにとってとても大事なステップです。

たくさんの汗をかいてベタベタしている場合など、ダブル洗顔が必要なこともありますが、朝は、すっきり汚れが落ちていれば、1回の洗顔で十分です。

毎朝ダブル洗顔しないといけないと思い、洗いすぎてしまうと、肌へ負担をかけてしまうことにもつながります。肌の状態や季節・天候などの状況を確認しながら、洗顔回数を決めていくことも大切です。

夜の洗顔

では朝の洗顔と比べて夜の洗顔では何か違いはあるのでしょうか?一日の終わりの洗顔は、日中の活動において自ら出てきた汚れや、時間が経ち酸化してしまったメイク、外界から付着した汚れを落とすために大切だということはみなさんもお分かりかと思います。

ただ、やみくもに洗顔すればいいというものでもなく、洗いすぎも肌には負担となってしまいます。その日の肌状態、日中の活動状況によって洗顔方法を変えることも重要です。

外出することもなく、運動もメイクもしていない日や、肌がつかれていると感じたときは、洗顔石けんで1度洗いするだけで十分です。

メイクをしたり、運動をして汗をたくさんかいた日には、ダブル洗顔でしっかり汚れを落としましょう。しっかりメイクをした日や、メイクをしたけど肌が弱くてダブル洗顔だと肌に負担がかかってしまいそうな場合は、メイク落としをうまく利用して、肌への負担を少なくすることも大切です。

肌へ負担がかかってしまうと、せっかくきれいに汚れが落ちたとしても美しい肌を保つことにはつながりません。

 

次回は引き続き正しいスキンケアのステップである”洗顔”の正しいやり方や選び方について検証していきます。

TOP
×