株式会社B-plusロゴ

気になるかかとのガサガサ!冬が来る前にケアしよう

HOME > 気になるかかとのガサガサ!冬が来る前にケアしよう

気になるかかとのガサガサ!冬が来る前にケアしよう

美容マニアのたかなし亜妖です。気温が涼しくなると過ごしやすくなり、快適な日々を送れることが何よりうれしいですよね。けれども涼しい=空気が乾燥する季節でもあるため油断はできません!夏場は気にならなかったかかとも気づけばガサガサ、悩みの種が増えてしまう人も非常に多いのだとか。

状態が酷くなるとひび割れてしまい、簡単なケアでは修復不可能になってしまいます。冬が来る前にしっかりと保湿をしてダメージを防ぎましょう。

 

かかとがガサガサする原因

かかとが乾燥すると靴下やストッキングを履いた時に引っかかり、違和感を覚えますよね。中には引っかかっただけで裂けてしまうケースもあるようなので気を付けたいもの。なぜかかとはガサガサが目立ちやすいのでしょうか。

 

まずそもそも、かかとには皮脂腺がありません。体の末端ということもあり油分が行き渡りづらいパーツなのです。それに加えて女性は体が冷えやすく、冬は血行不良が起こりやすいのも原因の一つ。冷え性などで足先が冷たくなり、ターンオーバーの周期も下がれば自ずと皮膚状態は悪化していくでしょう。その結果、ガサガサなかかとやひび割れが目立ち始めてしまうのです。

もちろん毎日生活をするのに酷使する部分ですから、日常の刺激も関係していることは確か。それでもどんどん状態が酷くなるということは、それに見合った理由が必ず潜んでいるんですね。

 

かかとのガサガサはどうケアする?

軽度の乾燥なら保湿クリームを塗るだけで緩和されますが、ひび割れや明らかな手触りが悪い場合はそうもいきません。クリームが浸透せず、まるで弾かれているような質感を覚えることでしょう。

 

かかとを触った時に角質が厚い場合は軽石などで不要な部分を削って下さい。やする時のコツは必ず事前に40度前後の湯船や足湯に浸かっておくこと!そうすることで角質層も柔らかくなり、削りやすくなりますよ。角質が溜まり過ぎているとクリームを塗っても全くしみ込みませんので注意してくださいね。

 

皮膚が柔らかくなり、バリアを張っていた部分が取れることによってようやく保湿クリームが活躍します。この時も保湿力の高い馬油、ワセリンや尿素配合のタイプを使い、徹底的にケアをしましょう。そうすることで徐々にガサガサが改善されていくはずです。

TOP