株式会社B-plusロゴ

気付けば抜けてしまうまつげ、丈夫にする方法はあるの?

HOME > 気付けば抜けてしまうまつげ、丈夫にする方法はあるの?

気付けば抜けてしまうまつげ、丈夫にする方法はあるの?

美容マニアのたかなし亜妖です。気づくとまつげが抜けている、なんだか毛量が少なくなってきた……と感じるのなら、それはまつげが激しく傷んでいるのかもしれません。外的要因が多くの理由を閉めますので、目元のケアも油断なりませんよ。

傷んだまま放っておくと生えている部分がスカスカになり、マスカラを塗ってもボリュームが出ない、まつエクがつけられないなどの状態を招いてしまいます。抜けやすいと感じた今こそ改善する時。根元から丈夫に、イキイキとしたまつげを手に入れましょう。

 

まつげが傷む原因

アイメイクを落とす際、力をいれてゴシゴシと擦っていませんか?いくらウォータープルーフのマスカラやアイライナーが落ちづらいからといって、何度も目周りを触りすぎるのは危険。外からの刺激が毎日蓄積することでダメージもどんどん大きくなっていきます。

アイメイクが落としづらいなら専用リムーバーを使う、目元だけはオイルクレンジングにするなどの工夫を行って下さい。まつげへの負担を減らすためにも、メイクオフはスピーディーに行うことが理想です。

 

またビューラーやまつげパーマ、エクステも大きな刺激となり、まつげが抜けやすくなる理由の一つ。ギューギューとビューラーで挟んだり、パーマやエクステをしているのに一切ケアせずでは傷むのは当然のこと。目元を全く触らず、刺激せず生活することは不可能なので、アフターフォローを面倒くさがらないことが大切です。

 

まつげを丈夫に、健康にするためには

目をこすらないなど刺激を与えないことは大前提として、それ以外はどんなケアをすれば良いのでしょうか?

 

やはり一番効果的なのはまつげ用美容液の使用です。1週間に一度ではなく、毎日塗ることで長く丈夫に、抜けづらいまつげへと変化していきますよ。できれば朝・晩2回は必ず塗り、日ごろの負担を少しでも軽減させてあげて。これだけでも随分と状態が変わっていきます。

他にもなるべくアイメイクをしない日を作る、目をかいたりこすったりしないことも心がけていきましょう。まつげが元気になるまでには少々時間がかかりますので、根気強く向かい合ってみてくださいね。

TOP