株式会社B-plusロゴ

気分が落ちた時こそ試したい5つのリラックス方法!パート②

HOME > 気分が落ちた時こそ試したい5つのリラックス方法!パート②

気分が落ちた時こそ試したい5つのリラックス方法!パート②

美容マニアのたかなし亜妖です。気温が下がり、肌寒い季節がやってくると人の心は誰でも不安定になるものです。季節の変わり目は体だけではなく気持ちも揺らぎやすい時期。日々頑張ることも大切ですが、あまりにも辛い時は無理をしないことが大切ですよ。

上手な息抜きをしつつ、自分に合ったリラックス方法を試しながら季節の変化を楽しめるようになれればベスト。気分が落ちた日にはしっかり休んで明日へ備えましょう。

 

リラックスできる方法③カフェインは避ける

コーヒーやカフェラテ、ウーロン茶、紅茶などは香りも高く、時にリラックス効果をもたらします。しかし不安や緊張感に襲われて落ち着かない場合は逆効果になってしまう可能性大。カフェインには興奮作用があるため、気持ちが揺らいでいる時には悪い方向に力が働き、状態を悪化させるのだそう。

 

気持ちを切り替えて頑張りたい時、一息入れたい時には良いのですが、精神を安定させたいのなら向かない飲料です。イライラ、不安、悲しみや緊張に心が締め付けられる時にはミルクやココアにしましょう。自然な甘さは不思議と気持ちがほぐれていくものです。

あまり砂糖を大量摂取するのは良くないのですが、少量なら大丈夫。アイスではなくホットにすること体も温まり、よりリラックス効果が上がりますよ。

 

リラックスできる方法④お風呂には必ず入る

疲れている時はついついバスタイムをさぼりたくなりますが、お風呂には必ず入りましょう。面倒だったらシャワーだけでも構いません。必ずしも湯船に浸かる必要はありませんので、体を清潔に保つことだけ頭に入れておけばいいのです。

 

髪や顔などが綺麗でないと気分も上がらず、面倒臭い→やる気が出ない→元気がない……といった良くない連鎖にハマりがち。入浴することによってその悪循環を断ち切るきっかけにもなるので、多少リフレッシュができるのです。

髪を乾かすさえ億劫な日もありますが、いざ入ってしまえば入浴前より気分も晴れやかになるはず。汚れたままでいるよりも遥かに寝つきも良くなり、前向きな考えも浮かびやすいですよ!

 

リラックスできる方法⑤早寝する

連日元気が出ない時やマイナスな考えに頭を締め付けられる場合は、とにかく早く寝ることが鉄則。「観たいテレビがあるから」「なんか起きていたい」ではなく、即効でベッドに入りましょう。

働いていると0時過ぎに寝ることなど当たり前になってしまいますが、ここは騙されたと思って21時、22時に寝てみてください(笑)この効果は侮れないもので、起きた時のスッキリ感がまず違うのです!睡眠不足からストレス過多やメンタルを保てなくなっている人は多いので、早寝によって状況が改善されるケースも多いに有り得るのです。

TOP