株式会社B-plusロゴ

治らないニキビは添加物のせい?

HOME > 治らないニキビは添加物のせい?

治らないニキビは添加物のせい?

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。フェイスラインや口回りのニキビがなかなか治らない人はとても多いですね。一つ治ったと思えばまた一つできる、赤みを帯びて化膿しているなどなど、お肌の悩みは尽きません。大人になるとメイクを毎日するため、より治癒が遅くなってしまうこともあるでしょう。

ケアしても治らないニキビは、もしかすると添加物が原因かもしれません。毎日コンビニご飯やお惣菜ばかり食べている方、心当たりはありませんか?

 

添加物が合わない体質も

よく問題視される添加物ですが、これは食品を日持ちさせるためやうまみをつけるため、などなど様々な働きがあるのです。決して全てが毒ではありませんし、我々が食事を摂る上では欠かせないものとなっていますよね。ですが添加物が体に合わない人も一定数いるのです。

添加物がたくさん使われている食品で代表的なものは、コンビニご飯。最近のコンビニご飯は美味しく、バリエーションも豊富で一日一食以上口にしている人もいるでしょう。スーパーにはいかず、コンビニの買い物がメインという方も多いです。

しかし添加物は摂取しすぎると体に良くないので、結果的にニキビとして顔に現れたり、体の不調をもたらします。野菜は食べているのになぜニキビが?と疑問に思っている方は、コンビニサラダやカット野菜ばかりを口にしているケースも。それではいつまで経っても、肌の調子は良くありません。

 

ちなみに私も添加物が体に合わないので、コンビニご飯を食べた翌日はニキビだらけになってしまいます……( ;∀;)

 

体の毒素を外へ出す

ニキビが治らない場合は毒素(=添加物)が体に溜まっている可能性も高いので、まずはデトックスを心がけましょう。外側からのアプローチなら岩盤浴も良いですし、アロマリンパマッサージに行って老廃物を輩出するのも◎

内側からのケアならデトックスティーを飲む、漢方薬(十味敗毒湯など)を使う、自炊を心がけるなど工夫をします。添加物が原因だった場合、ため込んだ毒素を出せばある程度は改善されるようです。

ただしあまりに化膿が酷く、広範囲に渡ってニキビがある場合は一度皮膚科へ行きましょう。専用のゲルや漢方薬などを処方してもらえますよ。

TOP
×