株式会社B-plusロゴ

災害時のこれだけは準備しておこう!女性用防災スキンケアグッズ

HOME > 災害時のこれだけは準備しておこう!女性用防災スキンケアグッズ

災害時のこれだけは準備しておこう!女性用防災スキンケアグッズ

 

 

 

 

災害時に備えてスキンケアグッズは事前に準備しておこう

近年の日本は災害のレベルが大きくなり、災害の数自体も増えました。災害時は緊急事態になるので、自宅でいる通常時に行っているようなスキンケアはできなくなります。避難している場合はもちろん、自宅にいても、停電などになっていると”水”が使えなくなるので、スキンケア事情も変わってきます。

 

大きな台風がきていますが、日本はそもそも災害が多いところです。地震と台風は日本の2大災害ですが、それに伴う二次災害、火事や土砂崩れ、雨水の氾濫など、今の日本ではいつどのような災害がおきてもおかしくない状況です。

 

台風は比較的来ることが事前にわかる災害ではありますが、地震などの他の災害は突然起きるものです。避難先などでは当然コスメはありません。ですからいつそのようなことが起こっても大丈夫なように、事前に防災グッズなどの準備をしておくことが重要です。

 

災害時は当然ですが命が最優先になるので、状況にもよりますが、スキンケアは二の次になってしまいます。しかし、女性の肌はデリケートで、スキンケアができないことや、災害時のストレスなどで、肌に異常をきたしてしまう人もいます。普段から敏感肌の方などは特に心配ですよね。

 

大変な時にスキンケアなんて…と男性は思うかもしれないですが、私たち女性にとってはいつもしていることができないというのは大きなストレスです。ということで、今日は災害時に女性が用意したい防災用のスキンケアグッズについて考えてみましょう。

 

 

具体的な緊急時コスメ

まず、基本的に緊急時はライフラインが最優先です。避難時など、持っていけるものは限られています。ですから、防災時のケアは、1つで複数の効果や効能がある”多機能コスメ”であることが重要です。また、自宅であっても、避難先であっても。基本的に緊急時は水はライフラインとしてしか使えないため、お風呂でしっかり洗ったりなどはできないと思っておいたほうがいいのです。せっかく小分けにしたクレンジングやシャンプー、ボディーソープなどを準備していても使えない場合があります。ですから、”水を使わなくても使える”ものをなるべく準備するようにしましょう。

◆クレンジング

クレンジングはなるべく”シートタイプ”のものがおすすめです。普段であれば摩擦で肌を痛めるためあまりおすすめできないクレンジングシートですが、非常時にはとても便利です。最近はクレンジングシートもかなり進化していて、メイクを落とすだけでなく、化粧水や美容液成分が配合されているものが出ています。また、おすすめは、大判であるもの、布質ができる限り柔らかいもの、オイルベースではなくウォーターベースのもの(オイルだと結局水が必要になる)、化粧水などの保湿成分が一緒になっているものがいいでしょう。

 

◆オールインワンジェル

普段使っているスキンケア用品を、化粧水、乳液、美容液、と、全部持っていけるわけではないので、緊急時は全てが1つになった”オールインワンジェル”がおすすめです。なんといってもかさばらないことが緊急時の優先事項です。避難所はけっして快適な状況ではありません。空気が乾燥したり、逆に蒸し暑かったり、また感染予防のためにマスクをつけたままにしたりと、とにかく、肌にとっても過酷な環境ですポイントとしては、ポンプ式ボトルはバッグ内で漏れるかもしれないので、なるべく使い切りのものや、蓋がしっかり閉まるものがポイントです。

日焼け止めもできるBBクリームやCCクリーム

避難場所は何かと過酷な環境になります。自宅にいるそれとはわけが違います。様々な外的要因から肌を守るためにも冬でも雨でもできれば日焼け止めは塗っておきましょう。メイクのことも考えると、下地や、日焼け止めの他にもBBクリームやCCクリームであれば、ファンデやコンシーラーがなくてもベースメイクができるので便利です。ポイントは、日焼け止めはなるべく数値が高いもの、オーガニック系など肌に優しいもの(日焼け止め効果が高くても比較的安心)がいいでしょう。

災害時でも自分の肌を守れるように対策を

いつどんな時でも女性はスキンケアは必要です。事前に準備をしておくだけで、最悪な事態から自分の肌を守ることができます。準備ならいつでもできるはずです。敏感肌の人であれば、皮膚科で処方してもらっているものなど、緊急時には入手できないものを使われている人はなおさらです。緊急時なので、普段と同じようにというわけには行かなくても、最低限のケアはしていたいですよね。自分の身と肌は自分で守りましょう。

 

TOP
×