株式会社B-plusロゴ

熱ければいいってもんじゃない!?温かい飲み物を飲むデメリットが存在した!

HOME > 熱ければいいってもんじゃない!?温かい飲み物を飲むデメリットが存在した!

熱ければいいってもんじゃない!?温かい飲み物を飲むデメリットが存在した!

美容マニアのたかなし亜妖です。「冷たい飲み物は体を冷やす」、「代謝が下がる」と、美容好きなら誰しもが知っている情報でしょう。だからこそ暑い夏でもホットティーやホットコーヒーを選択する人も多いのですが、実は熱ければ熱いほど良いと言うことはありません。

これは筆者も長い間勘違いしていたのですが、温かい飲み物ばオンリー=体に良いはイコールではないのです!

 

温かい飲み物のデメリット

「体を冷やさないためには温かい飲み物を」と聞き、白湯やホットティーなどアツアツの状態で飲むことがベストだと勘違いしがちです。ポイントは“温度”にあり、猫舌の人が飲めないような熱さで摂取し続けると、本来体が持っている体温調節の力が弱まってしまうのです。

確かに朝イチの白湯などはよい効果をもたらしますが、何杯も飲むのはNG。良かれと思ってしていることが、逆に体を弱らせてしまいますよ。またむくみやすいタイプも要注意で、温かい飲み物により体温上昇→汗や尿で外に輩出できず溜めこむ、といった悪循環が発生してしまいがちです。「毎日水分を2L以上取っているのに痩せない」と嘆く人は、意外とここに原因があるかもしれません。

温度が高すぎる飲み物を無理矢理飲むと喉に刺激が強く、咽頭がんを引き起こす可能性も考えられています。熱ければ熱いほど良いわけではないことを覚えておいてくださいね!

 

ベストなのは“常温”!

氷をパンパンに入れた冷たい飲み物も良くないのですが、かといって熱湯もダメ。……となれば常温~ぬるめがベストな温度と言えますね。常温のお水やお茶は刺激も弱く、臓器への負担もかかりづらいのが特徴です。いざ口に入れて熱すぎず、冷たすぎないのが最も体に良いのです。

日本人は冷たい飲み物が大好きですし、ビールなどのお酒もキンキンに冷やすのが定番となっていますよね。でもそれが体の不調を招いてしまっていることに間違いはありません。

 

余談ですがお隣の国、中国では「体を冷やすのは良くない」と小さな頃から教えられ、国民は常温~温かい飲み物を口にするのが普通です。飲食店へ行ってもぬるめのお茶が提供され、氷がたっぷりということは滅多にないとか!(※ちなみにビールも常温で出てきます……※)

 

世界的な目で見ても、やはり常温の飲み物が一番安心できますね。美と健康を目指すなら表面だけのケアだけでなく内側にも気を配りましょう。

TOP