株式会社B-plusロゴ

突然の辛い胃痙攣!その原因と対処法は?

HOME > 突然の辛い胃痙攣!その原因と対処法は?

突然の辛い胃痙攣!その原因と対処法は?

美容マニアのたかなし亜妖です。突然やってくる胃痙攣、みなさんは経験したことがありますか?シクシクと痛んで酷い時には起き上がれなくなってしまうことも……!

なるべく経験したくない辛さですが、もしなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?そして痙攣が起こってしまう原因について解説していきます。

 

胃痙攣の原因

何の前振れもなくやってくるケースも珍しくはないのが胃痙攣。数日前から胃が痛い・重いといった症状が出ているのならまだしも、突然やってくると驚いてしまいますよね。中には慢性化してしまっている人もおり、「数か月に一回かならず起きる」なんて声も聞くほどです。

 

胃痙攣の主な原因はストレスが最も大きいとされており、日ごろから精神をすり減らしているとかかりやすいもの。胃はストレスに強い臓器ではないので、ダイレクトに反応してしまいがちなのです。ですから大人だけではなく、中学生や高校生など10代の若者も発症することは珍しくありません。まさに現代人のほとんどがいつでも発病の危機に晒されている、といっても過言ではないでしょう。

 

ただし精神ストレスがあまり考えられない場合は過度の便秘や食べすぎ、飲みすぎなどが原因です。長期にわたって続く場合は胃がんや胃潰瘍といった重大な病気が潜んでいることもありますので、医療機関を受診してください。

 

胃痙攣の対処法

もしなってしまった場合は無理をせず横になって休んでください。痙攣は丸1日続くものではなく、~6,7時間以内には必ずおさまります。耐えられない場合はブスコパンなどの胃痙攣専用薬を服用すると◎一般の胃薬では効かないことも多いので、家にない場合は医療機関を受診します。

また動けなくなった、どうにもならない場合にも病院へかかるのが最もベストです。自己流だけの対処が難しい疾患ですから、素人判断でアレコレと色々な薬に手を出すのは危険ですよ。

 

日頃からストレスを溜めない、暴飲暴食をしない、便秘を解消するなどが主な予防法となります。これから飲み会が多くなる季節ですので、胃腸へのダメージもかかりやすい時期。繊細な臓器だからこそ労わってあげましょうね。

TOP