株式会社B-plusロゴ

節電しながら寒さを防ぐ方法

HOME > 節電しながら寒さを防ぐ方法

節電しながら寒さを防ぐ方法

美容マニアのたかなし亜妖です。本格的な寒さがやってくる12月。暖房やヒーターが欠かせない毎日となりましたが、多くの人が気になってしまうのが電気代。どんなに部屋が温まっても、毎月の電気料金が加算されてしまえば家計には大打撃なはず。かといって寒さをガマンすれば体調を崩しますから、多少の妥協は必要でしょう。

けれども電気代が一気に上がってしまうのは考え物ですので、節電をしながら傍観する方法を知っておくと便利ですよ。

 

つけたり消したり、ではなく「つけっぱなし」がキホン!

就寝時や外出時はエアコンを消し、帰宅時はつける……。電源のオン・オフを繰り返す方が電気代が高くなりますので、常につけっぱなしにしておく方が安く上がるのです。

その方が面倒な手間も省けますし、いつでも部屋が暖かい状態を保てますよ。ヒーター類はもちろん危険なのでそのままにはできませんが、エアコン派は冬の間消さないことをおすすめします。

 

ただし稼働している分汚れがたまりやすくなるため、こまめなフィルター掃除を。ゴミが付着していると効きも悪くなり、どんどん温度を上げて結果的に電気代がアップしてしまうのでご注意を。

 

足元や「少しの冷え」を対策するには

エアコンだと足元が冷えやすかったり、部屋の面積に対してヒーターが小さいと「ちょっと寒いかも」なんてことが起きがちです。

この場合一度上げると次は暑い……なんてケースも考えられますから、とても悩ましい問題。困ったときはすぐ温度を変えずに、衣類やブランケット、湯たんぽなど防寒グッズで対応しましょう。

 

まず足元が寒いなら厚手の靴下やレッグウォーマーを使い、ブランケットを膝にかけます。電気代がかからず寒さをしのげますので、冬場はそれぞれ2セット~くらい持っておくと安心ですよ。パジャマもモコモコタイプなど冷えに対応できる素材を着用し、薄手のものは避けましょう。

またレンジでチンする湯たんぽも手軽に使えて便利。これらは電気代もほぼかからずエコに防寒できますから、補助的なアイテムとして揃えてみてくださいね。きっと冬の間は大活躍するはずです。

 

 

TOP